FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖寝取られ夫さん作品 -第十八章-

同性である彼氏様の部屋の掃除をさせる目的は、前にも妻から教えられましたが、
もちろん彼氏様の奴隷としても私を使う為です。
彼氏様と二人の奴隷にするための訓練の一環として考えたのだと言いました。
言うまでもなく、これは効果絶大でした。私の考え方が変わってしまったのです。
この調教方法は、彼氏様が考えたのだと言いました。ちなみに、アッシー案は妻が考えたと言いました。
何度もこのようにさせていれば、自然に奴隷根性が見に染み付いてくると考えていたというのです。
しかし、僅か1日でそうなるとは、思っていなかったようです。私自身も驚きました。
自分がこれほど短い時間で調教されてしまったことと、お二人が私のことを本気で奴隷にする為に考えていたことを。
改めて、お二人の調教能力の高さに舌を巻いたのでした。

彼氏様のご命令に従って、車を移動させました。近くの公園の駐車場に車を止めました。
お二人は私の奴隷になるという決心を聞いて、私の気持ちを確かめると言うのです。
そして妻は約束どおりに、彼氏様の部屋の掃除をしたご褒美をくれると言うのです。
私は車から降りて、後部座席のドアを開けました。お抱え運転手がしているようにです。
お二人は満足そうに車から降りてきました。
お二人は仲良く腕を組んで、近くのベンチのところまで歩いて行かれました。
そしてベンチに座り、妻は地面を指さして、跪くように言いました。人気はありませんでしたが、
公園という公共の場所ではさすがに抵抗がありました。しかし私は素直に命令に従い、
お二人の前でアスファルトの上に跪きました。妻は彼氏様と腕を組み、寄りかかるようにして座っていました。
私はお二人の前で跪かされていました。ご主人様と奴隷という身分が明らかに分かる状況です。
夜になるとほとんど人通りがなくなる公園とは言え、他人に見られはしないかと不安でたまりませんでした。
妻は彼氏様の肩に頭を乗せたまま、私に話し掛けました。彼氏様の部屋の掃除をした感想を聞いてきたのでした。
私は自分が思ったことを素直に話しました。同性である彼氏様の部屋を掃除させられることに対する屈辱感。
掃除をするうちに、段々とあきらめがついてきたこと。
そして、掃除をやり終えて自分の家に帰った時には、お二人の奴隷になることを
決心できていたことを伝えたのでした。

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3077位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
99位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。