FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★★ 寝取られ模様第一夜 ★★ -ナミコの悪戯-

「あなたー!」風呂場からナミコがセイジを呼ぶ。
セイジが風呂場に行くと、目の前には、包茎に奴隷の証である包茎リングを付けられて以来、
全く見せて貰えなかったナミコの裸があった。

「私の体洗ってよ」

Eカップの胸、丁度いい大きさの尻から伸びたスラリとした足・・・
子供を生んでない身体は30を過ぎても全く衰えていない。
セイジは膝立ちの格好で、風呂場のドアのところで、見とれていた。

「どうしたの?そんなトコでボーとして、早く洗ってよ」ナミコが言う。
「はっ!」と我に返ったセイジは膝立ちのまま洗い場に入り、スポンジに石鹸をつけて、ナミコを洗い始めた。

はたから見れば、只の仲の良い夫婦である、だが今は女王様と奴隷。
ナミコの浮気相手である、ユウトの許し無しにはセイジは勃起すら出来ないのだ。

「あら?夢にまで見た私の裸なのに、勃起してないなんて偉いじゃない」
変化してないセイジの一物を見て、ナミコが言った。
「はい・・・ナミコ様の裸は素晴らしすぎて、奴隷は萎縮しております」
セイジは真剣そのものの口調で言った。
「うふふ・・・嬉しい事言うじゃない、でも本当に私を淫らな目で見てないかしら?」
ナミコは悪戯っぽく、セイジの包茎リングを足の指で引っ張った。
「あっ!」セイジはそう言うと、洗う動きを止めた。

「お前はマゾだから、女の裸で勃起しないだけなんじゃないの?」
「苛めてあげると・・・どうなるのかしら?」
ナミコは足の指を起用に操って、セイジの包茎リングを引っ張る。
「あぁ・・・ナミコ女王様・・・おやめ下さい・・・勃起したらユウト様に叱られます。。。」
「ふふふ・・・妻の裸で勃起して妻の浮気相手に叱られるなんて・・・マゾは哀れね♪」
「ユウトさんの許しが無いのに勃起したら、また錘が増えちゃうわね」
そういいながらも、ナミコは悪戯を止めない。

セイジはナミコの動きに引っ張られて洗い場に尻餅を突き、股間を広げる。
包茎の皮が、無様に伸びきる。

「ほらほら・・・ユウトさんには黙ってあげるから、勃起していいのよ・・・気持ちいいんでしょ?」
ナミコはリングを引っ張るのを止め、足で直接セイジの一物を踏みつけた。
「あぁ・・・ナミコ女王様」セイジは目を閉じ、ナミコの足の裏の快感に身を任せた。
「カシャ!」一瞬なにが起こったのかわからなかった。
いつの間にかナミコはカメラを持ち、大股を開いて勃起しているセイジを撮っていたのだ。

「み~ちゃったみ~ちゃった♪ふふ、ユウトさんにお前が私の裸を淫らな目で見て勃起しましたって報告しちゃおっと」
「錘、何個増えるかなぁ?早くその役立たずのチンポを引っこ抜く所を見たくって♪」
「妻の目の前で、男じゃなくなるなんて、お前も幸せな奴隷だね♪」

ナミコは悪戯っぽく瞳をキラキラさせながら、そう言った。

「ほらっ!いつまで包茎勃起させたままにしてるの?」
「お前の勃起はユウトさんの許可制でしょ?早く鎮めて、私の体を洗いなさい」
「はい・・・」セイジは薄涙を浮かべながら、勃起した肉棒を鎮めた。

妻との二人の時間さえユウトに支配されてしまっている、自分の性癖を呪いながら・・・



ブログパーツ


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2381位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
86位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。