FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の悲劇≒寝取られマゾの幸せ ~希望⇒奈落の底へ

次の日の朝。

早朝からメアリーは起こされ、食事の準備に狩り出される。

地下室に残されたトマシュにはかすかにしか聞こえないが、
食事をしながらも男たちのメアリーに対する嬲りは続いているようだった。

しばらくするとメアリーは朝食を持って地下室を訪れる。

頬が赤くなっているのは男たちの蹂躙に対して咄嗟に抵抗したからであろう。

手を縛られている夫にかいがいしくスープやパンを手に取り口に運ぶ。

また色々されたのかい?

ええ、少しね。

でも大丈夫。

それより彼らはもうじき出ていくそうよ。

これ以上ここにいると脱走兵扱いになるからって。

だからもう少しの辛抱よ。

…早くあなたに抱いて貰いたい…


メアリーはそう言ってトマシュの陰茎を撫でる。

その刺激にトマシュの陰茎がムクムクと反応する。

ああ…僕も君を早く抱き締めたい…

バタン!

その時、荒々しく地下室のドアが開かれ男たちが入って来る。

おや?お取り込み中だったかな?

夫婦水入らずは俺たちが出て行ってからゆっくりやってくれ。

まあ女房が俺たちの味を忘れられなくなっているかもだけどな。


そう言うと男たちはメアリーの腕を掴みテーブルに向かって突き飛ばす。

両手でテーブルを抱え込むように倒れるメアリー。

メアリーは布切れのようなワンピースを羽織っていたが、それはたちまち剥ぎ取とられ全裸にさせられる。

ほらっ!上でしていたことを旦那にも見せてやれよ。

ハインツはそう言ってズボンのチャックを降ろし陰茎を露出する。

他の二人はニヤニヤと成り行きを見守っている。

一瞬躊躇したメアリーだったがすぐ観念してハインツの前に跪く。

そして突き出された陰茎に両手を添えて口に含んだ。

ハインツはメアリーの髪を掻き上げ、トマシュに舌奉仕の姿が良く見えるようにした。

メアリーの上気した顔と吸い付くように頬をすぼませ頭を前後する姿がトマシュから良く見えた。

やめろー!

トマシュの必死の叫びも男たちの嘲笑に掻き消される。

勃起しながら「やめろ」なんて言われてもな。

ハインツはトマシュの言葉などまったく耳を貸さず、
勃起するとメアリーの腕を掴みテーブルに手をつかせバックから挿入する。

あはは!お前こんな風にされて感じているのか?

マンコがビショビショだそ!

ほらっ!上で言った台詞を言って見ろ!


い、嫌です…

何?

ハインツはメアリーを後背位で犯しながら、髪を力任せに引っ張る。

良く手入れされた美しい金髪が何十本も根本から引き千切られる。

ひぃ!

メアリーは短い悲鳴を上げる。

わ、わかりました!

しゅ、主人より立派なオチンチン…です…


亭主の前だからって遠慮することはないぜ。

お前の亭主はお前が他の男に犯されて乱れるのを見たいそうだ。

見てみろあのチンポ。

女房が目の前で犯されているのにビンビンじゃねぇか。

お前も感じているんだろう?

正直に言ってみろ!


ハインツはそう言うとメアリーの尻を叩きながら更にピストン運動の速度を早める。

あああ!感じます!

主人の優しいセックスよりこうやって荒々しく犯されるのが感じるんです!

もっと!もっと子宮が壊れちゃうくらい突いて下さい!

ああ!イクッ!


そう言いながらメアリーは全身を震わせて昇天する。

ハインツは満足気に笑みを浮かべると今度はメアリーをテーブルに仰向けに寝かせ、正常位で貫く。

ああ!イイ!

あなたのオチンチンでオマンコ一杯よっ!

無理矢理犯されるのが感じる!感じるの!


いつの間にかメアリーは両手でハインツの首にしがみつき足を背中に絡み付かせて陰茎を貪るように腰を振る。

ハインツと長い口づけを交わし、身体を密着させる。

ふくよかな乳房がハインツの胸板で潰されている。

ほらっ!売奴!イクぞ!

どこに出して欲しいんだ!


ああ!中に…中に出して!

あなたの子供を産みたいの!


よしっ!じゃあ俺のガキを夫婦でしっかり育てろ!

そう言うとハインツは陰茎をより一層膣深くに挿入し射精する。

二人の荒い息づかい。

妻が犯されているのに成す術もないトマシュに向けられた、ハインツの勝ち誇ったような視線。

こんな状況になっも勃起し続けているトマシュは目線を落とすしかなかった。

よしっ!じゃあ今度は俺の番だ!

昨日と同じようにトマシュの舌で後始末をさせた後、今度はルドルフがメアリーを犯しだす。

透明感のあるふくよかな乳房を揉みしだき、乳首に舌を這わせる。

ほらっ!ちゃんと言え!

ああ!はい…

ルドルフ様のオチンチンは夫とは比べ物にならないくらい逞しいです!

張ったエラが膣壁を刺激して…

あああ…またイッちゃう!


またもや全身を震わせて昇天するメアリー。

わははは!スケベな女だ。

愛してもいない男に無理矢理犯されているのに何度でもイキやがる。

そうだ!こっちへ来い!


そう言うとルドルフはメアリーの手を引き、柱に縛らりつけられているトマシュの腰を掴むよう命令する。

メアリーが命令通り夫の腰を掴むと尻からメアリーを犯しだす。

あああ!

メアリーの喘ぎ声が一層大きくなる。

ほらっ!ちゃんと亭主の顔を見ながら言ってやれ!

は、はい!

ルドルフ様の…オチンチンは…あなたとは比べ物にならないくらい逞しくて…

私は何度も何度もいかされているの…

もうあなたのオチンチンじゃ…感じないかも知れないわ。


いいんじゃないか?

お前の亭主は女房が犯されているの見てビンビンになっているしな!


パンパン音を立てながらメアリーを犯し続けているルドルフがたたみかけるように言う。

あなたも私が犯されているのを見て興奮しているの?

あああ!ダメ!

本当に感じちゃってる!


ああ!メアリー!

メアリーがこんな目に合わされて成す術もないのに…

普段とは違ういやらしい君の姿を見て興奮してしまっているよ。

こんなに乱れる君の姿は見たことがなかった…


トマシュは腰にしがみついているメアリーに語りかけるように言う。

勃起した陰茎がピストン運動に合わせて上下している。

ああ!あなた!そうなの!

私もこんな仕打ちを受けているのに感じてしまうなんて思わなかった!

あなた!一杯見て!いやらしい私を見て興奮して!

ああ!イク!


あはは!とんだ淫乱夫婦だな!

こんなに刺激的な経験が出来たことを俺たちに感謝しなっ!

さあこの淫乱メス豚!

俺のザーメンでその薄汚れたマンコを清めてやる!


そう言うとルドルフはメアリーの尻を一層腰に引き付け膣の一番深いところで射精する。

ルドルフが陰茎を引き抜くとメアリーは膝をガクガクさせその場にへたりこんだ。

ウヒヒヒヒ!今度は俺の番だ。

そう言ってヨーブはへたり込んでいるメアリーの口に巨根を押し込む。

えづきながらも必死に舌奉仕するメアリー。

こんな良い女はもう二度と抱けないからな。

最後にたっぷり犯しまくってやる。


サディスティックな目でそう言い放つヨーブ。

おいっ!ヨーブ!

楽しみたい気持ちはわかるが手短にな。

夕方までに隊に合流しないと脱走兵扱いになるぞ。


そうしたら銃殺だ。

ハインツの言葉にルドルフが重ね、銃を撃つ真似をする。

何言ってんだ!

お前たちはもう既にすっきりしているかも知れんが俺はこれからだ!

大体何をやるにしても俺が最後…

馬鹿にしやがって!


それはお前がウスノロで弱虫だからだ。

とっととしないと置いて行くぞ。


ハインツが静かに、だが威圧には十分な声量で、ヨーブの言葉を遮る。

ヨーブのその言葉にたじろく。

お前たちは国に帰れば家族や女が待っているが、俺は誰が待っているわけじゃない。

こんな良い女はもう二度と抱けないかも知れないんだ!

俺のことは放っておいて行ってくれ!


尚もここに残ると言い張るヨーブにルドルフとハインツは顔を見合わせ肩をすぼめた。

そしてヨーブの言葉通り自分達だけ荷物をまとめ、出掛けに地下室の入口から声をかける。

じゃあな!ヨーブ!

隊にはお前は地雷を踏んで戦死したと報告しておいてやる。


達者でな!

そう言い残し家を出て行くルドルフとハインツ。

サイドカーのエンジン音が聞こえなくなると、あたりは農園の静寂に包まれた。



ブログパーツ




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ 戦争

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
84位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。