FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんね。彼があなたには触らせるなって… ~エピローグ

「彼の子供を産んでみたい…」
さすがに仰天した。ある程度予想はしていた。正直に言うと、心のどこかで期待もしていた。しかし、言葉にされると戸惑いが先立った。どう返していいのか分からなかった。

「私が彼に妊娠させられたらどうする? 産んでいい?」
切なげな眼差しを向け、問い掛けてきた。

「な~んてね…冗談よ」
私が口を開こうとした瞬間、久美はおどけた口調で否定した。が、目は笑っていなかった。不倫相手の子供を産んでみたいというのは本心だな、そう確信した。愛する男の胤を宿したいというのは女の本能だ。久美がそういう心境に至ったのは、ごく自然な成り行きだったといえる。

寝取られマゾの世界にどっぷり嵌まった時から、いつかは来ると覚悟していた申し出だった。寝取られマゾの行き着く果ては、第三者の精液によって妻の子宮まで征服され、孕まされることだ。強度の寝取られマゾ性癖の持ち主なら、一度は夢想してみるシチュエーションだろう。こちらのサイトでも、妻が他人に妊娠させられ、出産までしたという体験談が散見される。私もその手の話には興奮を禁じ得ない。もし久美が不倫相手に孕まされたら、と想像しただけで勃起してくる。お腹がせり出してきたりしたら、今以上にオナニーに狂ってしまいそうだ。他人の胤による妊娠という、いわば究極の寝取られは、比類なき官能をもたらすことだろう。

が、実際に妊娠プレイに踏み切るとなると、事はそう簡単にはいかない。夫婦だけのことでは済まなくなるし、生まれてくる子供を、親の身勝手な性癖の犠牲に供することは、倫理上も許されない。私自身が全く素性を知らない不倫相手の子供を妻が産むのも、あまりにリスクが高すぎる。かといって、中絶を前提に妊娠させるなど生命に対する冒涜そのもので、余計に気が引ける。第一、そのような形でのプレイは久美が承知すまい。もし妊娠したら絶対に産みたがる筈だ。
どのような形にせよ、妊娠プレイにはとてつもない危険が伴う。禁断の領域に踏み込むか否か、私はその岐路に立ち、激しく煩悶した。

結論から言ってしまうと、久美は現在に至るまで妊娠も出産もしていない。もし久美が他人の子を宿したりしたら、演技だという建前は完全に崩れ、『暗黙の了解』というタイトルは偽りということになってしまう。もし妊娠プレイに踏み切っていたら、私はこのスレッドのタイトルを違うものにしていただろう。

何はともあれ、今のところ久美の妊娠は回避されている。しかし、久美は変わらず妊娠願望を抱き続けている。不倫相手が久美を妊娠させたがっている可能性もある。いつ何どき、妊娠という事実を突き付けられるか分からない。その恐怖(期待?)が新たな官能の扉を開けた。夫婦でのプレイ中、久美は妊娠願望を口にすることで私の興奮を煽るようになったのだ。

さすがに「他人の胤による妊娠」を性的興奮の材料にすることは、照れや背徳感が付きまとうらしく、冷静な精神状態でパンチラ・プレイを行う時はあまり口にしない。妊娠願望を織り込んでの言葉責めがもっとも激しくなるのは、私の顔に股間を押し付ける一番ハードな形のパンチラ・プレイの際だ。久美も興奮と快感とで理性が飛んでしまっているので、心置きなく秘めた本音を口にできるようだ。

「彼の、彼の赤ちゃんが欲しい! 彼のザーメンで妊娠したいの!」

「彼がね、ピストンしながら何度も耳元で囁くの…久美を孕ませたい…久美を孕ませたいって!」

「私もね、お願い、孕ませてぇ!って叫んでしまうの…」

「彼が逝った瞬間ね、子宮も彼のチンポに吸い付くのよ! 私の子宮も妊娠したがってるの!」

「妊娠したら産んでいいでしょ? 大きくなっていくお腹見ながらオナニーしたいでしょ? ああっ!」

「あなたが嫌がってもダメよ…そのうち強制的に種付けされちゃうわ! ああん、ああん!」

久美の股間で口を塞がれた私は、一言も答えられない。強烈な圧迫感と淫臭、湿り気の下で呻き、更に刺激を増した言葉責めに意識を撹乱されながら、ただオナニーに狂うだけだ。

これほど刺激的な言葉責めを連発した久美も、顔面騎乗オナニーで逝ったあとは、たちどころに素の状態に戻る。やはり驚くほどの変わり身の早さだ。性的なプレイを離れると、久美は妊娠のことについて何も口にしない。重大なことだから、素の状態できちんと話し合うべきなのだろうが、私も久美も意識的に避けてる感じだった。

久美はピルを使って避妊している。生・中出しを存分に楽しむためだ。久美の豊かなヒップを見ていると、ピルの服用を止めれば直ぐにでも妊娠しそうな気がする。
久美が自らピルの服用を止め、危険日に不倫相手との生性交に臨む日が来るのだろうか? または不倫相手がピルの服用中止を命じたりすることはあるのだろうか? もし男が本気で命じれば、久美は素直に従うだろう。その結果妊娠し、私へは事後報告ということも充分あり得る。「妊娠しちゃった…」そう告げられた場合の私の反応は…久美の意に沿う結論しか考えられない。即ち、出産の承諾だ。それがどんなリスクをもたらそうとも、全て分かった上で、敢えて背徳の道を選択するだろう。
そんな日が来てほしいが、絶対に来てほしくもない。恐怖と渇望に揺れながら、刹那的な享楽に狂い続けた。

私は、久美がソフトなパンチラを披露してくれている時も、「妊娠」の二文字が頭から離れなくなった。
久美が無言のうちに(私、もうすぐ妊娠するのよ。彼の子供を…)とか、(実はね、もう妊娠してるのよ…) などということを目で訴え掛けている、そんな意識に囚われるようになった。
妄想上の妊娠。それがもたらす快感は魅惑的だった。麻薬にも似た、悪魔的魅力に満ちていた。恐るべき背徳であるからこそ、快感も強烈なのだろう。私は一切のモラルに背を向け、ひたすら快楽だけを追い求めた。
久美もそんな私の心情に寄り沿い、快感のツボを刺激し続けてくれる。肉体的な接触はなくなった代わりに、精神的な絆はより深くなった。錯覚かも知れないが、少なくとも私にはそう感じられる。

もしかしたら、久美は不倫相手の子供を宿す気などさらさら無いのかも知れない。妊娠願望があること自体は確かだろうが、実際に妊娠する気はなく、私との快楽を共有するため、演技してくれてるのではないか? 今日に至るまで妊娠していないことが何よりの証、そんな風にも思えるのだ。あまりに都合が良すぎる解釈だろうか?

実際のところ、久美の妊娠願望が演技であっても真実であっても、私にとってはさして重要なことではない。マニアックな性癖に共感してくれ、常軌を逸した形でのプレイで快楽が共有できればそれでよい。寝取られ夫婦として快楽も苦しみも共にできれば、何も言うことはない。

ただ一つ断言できることは、これからも久美と性交渉を持つ可能性はないということだ。久美の肉体は第三者に独占され、私は久美のパンチラなどを見ながらオナニーに耽るしかない。久美が本当に妊娠させられるのかどうか恐怖に怯えながら、刹那の快楽に身を委ねる。そんな異常な夫婦関係がこれからも続いてゆくのだ。

…さて、今日はどんな形でオナニーに耽ろうか。いつも以上に焦らされ、ソフトなパンチラで挑発してもらおうか。プレイはソフトでも、鍛え抜かれた妄想力があれば、どんなハードな性行為より深い快楽が得られる。そんな私を、久美はどんな言葉責めで弄んでくれるだろうか。想像しただけでもう股間が熱くなってきた。愚かしさの極みだと、自分で自分を笑うしかない…。

《完》




ブログパーツ



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 萌えた体験談

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
3000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
101位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。