FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不破雷四郎第一部 ~夫婦円満





う~ん…

貴史が目を醒ますと病室らしい場所でベットに横たわっていた。

気が付いた?

そう声を掛けたのは妻の由美である。

由美…様…

調教の成果で貴史は由美に対して名前に「様」をつけ、敬語で話すようになっていた。

ここは?

太陽の会が運営している病院よ。

私はどうしたんですか?

初音さんに殴りかかろうとしたのは覚えている?

え、ええ。

激昂して思わず取り乱してしまって…


貴史はその時の事を思うと何故か居たたまれない気持ちになった。

すんでのところで雷四郎様があなたを制止したの。

で、あなたの自然矯正は無理だと判断して、この病院に運んだのよ。


この病院で何を?

さっきから身体のあちこちに違和感があるのと関係しているんですか?


もちろん関係あるわ。

まずあなたの男性器…オチンチンとキンタマは切除したわ。

正確に言うと切除したのはキンタマだけ。

オチンチンは海綿帯を抜き取って根元を縫合して埋め込んだの。

亀頭を逆さに捻って埋め込んだから女性の尿道とクリトリスの位置関係のようになっていて、
尿道の上に裏筋が露出するようにしたから、そこを刺激すれば性的快感は得られるようになっているの。

後は女性ホルモンの投与と脳の闘争心を司る部分に細工したそうよ。

お医者さんはこれで怒ることが殆んどなくなると言ってたけど…どう?


確かに知らぬ間にそれだけの仕打ちをされたにも関わらず怒りの感情は全く沸かない。

今まで虐げて来た由美や部下、それにビジネスライバルに申し訳ない気持ちと、
この仕打ちが自分への罰として当然といった気持ちで一杯だった。

はい…確かに怒る気持ちより、由美様や会社のみんなに申し訳ない気持ちの方が強いです。

うふふ、それは良かったわ。

死んじゃったり廃人になられたら、さすがの私も寝覚めが悪いもの。

でもね、雷四郎様が言っていたけど、今までの勝ち気な性格がここまで事業を大きくしたことも事実って話なの。

すっかり穏やかになって私は嬉しいけど、今までのように事業を続けるのは難しいと思うのよね。

そこで提案なんだけど、事業の全てを雷四郎様に譲って頂けないかしら?

雷四郎様は会社経営もしていて、色んな会社を統括しているの。

あなたの会社もその傘下に入って欲しいのよ。

表の社長業は私が引き継ぐわ。

大体あなたの身体はこれからどんどん変化するそうよ。

そうなったら飾りだけの社長業も続けて行くのは難しくなる筈よ。


そう言う由美の瞳には悪意など微塵もなく、本当に貴史のためを想って言っていることが良くわかった。

病院での一連の処置で貴史はそういう感覚が鋭くなっていた。

…わかりました…由美様がそう言うのなら。

ありがとう!

だからってあなたを決して粗末になんかしないからね!

あなたが望まない限りは。


由美はそう言うと意味あり気に微笑み、膨らみ始めている貴史の乳房を寝巻きの上からそっと撫でた。

寝巻きの上から貴史の膨らみ始めた乳房をそっと撫でる由美。

手のひらで乳房を揉みながら、指先は乳首を転がす。

今まではくすぐったいだけだったが乳首への刺激が性的快感を伴っていることに気付かされる。

ああん!

貴史は由美の愛撫に思わず喘いだ。

うふふ「ああん!」だなんて女の子みたいよ。

ほらっオッパイが少しずつ膨らみ始めているわ。

あなたはこれからもっともっと女らしくなるわよ。

うふふ、舐めてみる?


そう言って由美はその場でスカートをたくしあげパンティを脱ぐと、
ベットに乗り両手で性器を拡げ貴史の鼻先に持っていく。

貴史は全く抵抗なく由美のクリトリスに舌を這わす。

何だか…嫌ではないですけど…由美様のクリトリスを舐めていても挿れたいという気持ちにならない…

うふふ、去勢されて女性ホルモンを投与されるとそうなるらしいわ。

あなたはこれから女性として生きるの。

私のパートナーとして、雷四郎様の従順なメス犬として…


そう言って由美は貴史の身体を跨いだ格好で貴史の腹に腰掛け、貴史の頭を抱き寄せた。

自然と溢れる涙。

貴史の目からも涙が溢れていた。

そう言えば他の二人は?

ああ、まあ想像はついているでしょうけど、あの日、私は成明さんの部屋へ、
梨香さんは忠夫さんの部屋へ、それぞれ誘惑しに行ったのよ。

成明さんはあなたと同じように誘惑に負けたからオチンチンちょん斬られたわ。

でもあなたと違って暴力に訴えようとはしなかったから、女性化の手術までは受けなかったの。

つまりオチンチンは切られちゃったけどキンタマはそのまま。

これはこれで男性の性欲はそのままで性感帯がなくなっちゃったから最高に悶々とするらしいのよ。

イク時はお尻の穴から指なり器具なりで前立腺を刺激してイクみたいなんだけど、
それでもセックスしたくてしたくて堪らなくなるそうよ。

女好きの彼にとっては地獄かもね。

まあでも彼はMっ気があったから、それも良いんじゃないかしら?


そう言ってケラケラと笑う由美。

忠夫さんはね、最後まで梨香さんの誘惑に負けなかったのよ。

梨香さんが自慢の巨乳を活かしてパイズリしようと顔面騎乗しようと
「僕は初音女王様だけです」って一切触れようとしなかったそうよ。

でもギンギンに勃起はしちゃったから、後で初音さんに一杯金蹴りされてたけどね。

それが笑っちゃうのよ。

なんかすっかりクセになっちゃったみたいで忠夫さんたら金蹴りされている最中も勃起し続けているの。

表情もうっとりしちゃって、その内金蹴りで射精出来るかもね。


そう言いながら由美はその時のことを思い出してクスリと笑う。

まあ何にせよみんな仲睦まじい夫婦に戻れて良かったわ。

ね?


え、ええ。

貴史は由美に同意を求められ、複雑な思いで返事をした。

太陽の会の「夫婦仲を必ず修復する」という神話が、今回もまた達成された瞬間であった。

その後、貴史は一度会社に復帰し、役員会で不破グループの傘下に入ることと、
自分は身を引き、社長の座は由美に譲ることを宣言した。

他の役員たちは突然の決定に驚いていたが、貴史のすっかり穏やかになった表情を見て、
休養の間自分を見つめ直した結果という言葉に納得せざるを得なかった。

また全く実績のない由美が社長の座に座るというのも不安材料だったが、
飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大を続けている不破グループがバックにつくという話で、
その点からも安堵の空気が流れる。

そして雷四郎が登場し、役員の前で由美と会社に対しての全面的なバックアップを約束した。

由美と貴史は家を引き払い太陽の会の施設に引っ越した。

これから二人の新たな夫婦関係が始まるのである。

陰茎を切断された成明も傷が癒えると子供たちと共に施設に越して来た。

初音と忠夫夫婦も同様である。

三組の夫婦は皆、ひと所で仲良く暮らすこととなった。



ブログパーツ


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
94位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。