FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会

人ごみで溢れかえるそのターミナル駅の連絡通路で彼とすれ違った。
「弘?」
「剛!」
彼と僕は同時に振り返り、偶然の再会を喜んだ。互いに握り合った手に力が入った。彼と初めて会ったのはもう二十年も昔のことだ。最後に会ったのは、彼の結婚式が最後だった。毎年やりとりする年賀状通りに、お互いに若干は太ったし、短髪の額は広くなっていた。
「まさか、ここで剛に会うとは思わなかったよ。どうだい、元気にしていたか?」
彼は僕の肩を何度となく叩いた。
「元気にしているよ。毎日が忙しいけどね。」
人懐っこい彼は満面の笑顔を浮かべていた。



大学に入学した春、同好会で彼と初めて会った。僕は故郷から独りで上京したばかりで東京のことは何も知らなかった。親戚が都内に住んでいることもなく、周囲に飛び込んでいくことに勇気が必要だった。県人会のコンパでも居心地は良いものではなく、自分ひとりが東京の人間に変れないような気分を味わっていた。キャンパスとアパートの往復が数日続いた後、僕は十三歳から続けてきたあるスポーツの同好会に入会した。そして、彼と出会った。彼は郊外の実家から通学してきて、僕とは学科も同じだった。同じ同好会に属しているだけでなく同じ講義を聴く機会も多かった。彼はキャンパスの最寄り駅で電車を降りると、僕の部屋に立ち寄った。お互いに講義をさぼらなくなったのは良かったと今でも思っている。

何月の出来事だったかは覚えていないが、夏の終わりだったように記憶している。その日の朝、いつものように僕は起床後のシャワーを浴室で済ませてビキニだけを穿いた格好で簡単な朝食の準備に取り掛かった。部屋の扉が軽くノックされ、
「剛、いるかい?」
と彼の声がした。鍵をあけると彼がビニール袋を下げて立っていた。
「ビールの補充を持ってきたよ。」
彼は僕に袋を手渡した。
「ありがとう。いつもすまないねえ。こんな格好でゴメンよ。」
「あはは。毎度毎度の同じ台詞だな。」
彼は笑いながら靴を脱ぎ、部屋に入った。狭い台所を通りぬけ、どかっとベッドに座った。僕は台所で朝食作りを続けていた。
「朝ご飯、食べるよね?」
「ご馳走になるよ。これも毎度毎度の同じ台詞だな。」
彼の笑い声が肩越しに聞こえた。毎朝のように彼は一緒に朝食を食べてくれるから、はじめから二人分の朝食を用意するのが常だった。サラダに乗せるパセリを添えて、朝食が完成した。お盆にのせて、ベッド脇にある小さいテーブルへ運んだ。
「出来上がったよ。手を洗っておいでよ。」
朝食を前にしてニコニコしている彼を見ると嬉しくなった。
「おっ、いつもすまないねえ。」
彼が立ち上がった時、弾みで彼の鞄がベッドから落ちて中身が広がってしまった。そして、数冊の教科書に混ざったゲイ雑誌を見てしまった。彼は慌ててしゃがみこみ狼狽しながら本を鞄にしまい直した。彼の手は震えていたように思えた。

お互いに重い沈黙が流れた。その時間は何時間にも感じた。

「僕だけがこんな格好でいるのは厭だよ。」
沈黙を破ったのは僕だった。驚いた顔で彼は顔を見上げた。
「ほらっ、早く。」
僕は彼の背中からタンクトックを剥がすように脱がした。引っ張られるように立ち上がった彼は信じられないといった表情をしていた。
「ジーパンも靴下もだよ。早く。」
僕は彼にむかって笑みを浮かべた。こわばった笑みだったかもしれない。
「つ、剛。」
彼は慌てふためくようにジーパンを脱ぎ、靴下も脱いだ。同じメーカーのビキニを彼は穿いていた。色は白だった。光沢ある布地も同じだった。今にして思えば、きっと彼は僕と同じビキニを捜し求めて買ったに違いない。
「これなら、弘だって僕と同じだよ。」
何を言っているのが自分でも分からなかった。彼の震える指先が僕の両肩にかかった。
「ちょっと。ちょっと待って。」
僕は彼が触れてきた瞬間にひるんだ。
「もう駄目だ、剛。」
彼は強引に僕を抱き寄せてキスをしてきた。僕の初めてのキスは彼が相手となった。彼の手は僕の後頭部を押さえつけ、何度となく僕の唇を貪った。もう片方の手は僕の腰にまわり、彼は血潮のたぎったペニスを僕の下腹部に押し付けていた。彼は執拗に舌を僕の口腔に押し込もうとした。しっかりと噛み合わさっていた僕の歯は徐々にこじ開けられていった。やがて、彼の舌は僕の舌を捕まえ、ふたつの舌はいつしか絡み合っていた。大量の唾液が僕の喉に流し込まれると僕はそれを一気に飲み込んだ。そして、彼の口にも大量の唾液を流し込んだ。彼はうっとりした表情を浮かべながら僕の唾液を飲み込んでくれた。

僕の膝はガクガクに揺れていた。崩れて倒れそうになる僕を彼はベッドに横たえた。彼は僕のすぐ脇に横たわると再び僕に覆いかぶさってきた。彼は左手で僕に枕をし、右手の指先で僕の顔や耳やうなじを撫でた。彼の舌が侵入してくる度に僕は彼の舌に吸い付いた。彼が舌を伸ばしたままストロークする時には、僕は唇を窄めた。彼の指先は僕の乳首を優しく交互に転がした後、下腹部へのびていった。彼が僕の左手首をつかんでビキニからはみ出て勃起したペニスにあてがった。彼のぬめりを指先に感じた時、驚いて手をすくめた。すると今度は、彼の指先が僕のビキニを撫で回した。お尻をベッドに押し付けるように腰を引いた瞬間、彼は大量の唾液を流しこんできた。同時に、ビキニの中に納まったまま勃起していた僕のペニスは爆発した。僕はペニスをビキニ越しに指先でつつかれながら、包皮から精液を吐き出し続けた。僕は無我夢中になり、彼に抱きついた。彼の胸に顔を埋めようとすると彼は唇で僕の口を塞いで舌を差し込んできた。

目を瞑ったまま彼とキスをしていると、彼の体から軽い振動が伝わってきた。規則的な振動からすると、彼は自分でペニスを扱いているようだった。彼はぬめりに塗れた亀頭を僕のペニスに押しつけながら言葉にならない唸り声をあげながら達した。彼の体温をビキニ越しに僕は感じた。僕が穿いているビキニは内側からは僕の精液で、外側は彼の精液でベトベトになった。彼は大きく赤黒いペニスを根元から絞り上げるように扱いていた。精液の最後の一滴が僕のビキニに糸を引きながら垂れ落ちると、彼は大きく息を整えた。僕は彼の顔をじっと見た。彼の瞳は満足感に溢れていたように思えた。僕の顔を優しく撫でながら、こうなれる日が来るとは思わなかったと呟いた。僕は瞼を閉じて、優しいキスをねだった。


彼と僕は再会を祝して、駅を出て飲み屋を探した。こうやって昔は並んで歩いていた。僕のアパートから一緒に講義を聴きに出かけたし、同好会へも一緒に出かけた。アパートまでいつも彼は僕を送ってくれていたし、晩御飯を一緒に食べながら飲んだりもしていた。駅近く前の商店街を歩いて手ごろなお店を見つけ、暖簾をくぐった。居酒屋の元気の良い声が心地良かった。なにか、当時に時間がさかのぼったようにすら感じた。



初めて彼とキスをして抱き合うようになった日を境にして、彼は朝に部屋へやってくるとビキニ1つの姿になるようになった。部屋にいつでも入れるように彼には合鍵を渡した。毎朝のように彼は鍵をあけて入ってくるようになった。彼は部屋に来るとベッド脇に手早く衣類を脱いで積み上げた。僕がビキニだけの姿で台所にたち朝食の用意をしていると背後から優しく抱いてくれた。彼は背後から僕を抱くときは、いつも両方の乳首を弄り回してくれた。いつしか彼の乳首弄りで勃起する体にされていた。乳首を弄られて勃起すると彼は台所を去っていった。数分して、勃起が収まる頃合を見計らうかのように、彼は背後から僕を抱き寄せた。僕が鼻声になり振り向いてキスをねだると舌を差し込んでくれた。

彼の舌に口腔をかき回されると僕はビキニを膨らませ、我慢汁を浮かびあがらせた。
「剛の小さいオチンチンが早くここから出してーって言っているみたいだよ。」
彼は意地悪な言葉に僕が反応することを見つけ出していた。
「我慢汁が滴になって浮かびあがっているよ。」
僕の乳首を指の腹で転がしたり、爪で軽く摘んだりを繰り返した。
「乳首しか弄っていないのに、どうしてビキニの前を膨らませたのかなあ?」
「い、意地悪を言わないでよお。」
僕は鼻声になったものだった。
「手を休めて、ベッドに行こうか。」
彼に抱かれ肩にもたれかかりながら、朝食の準備を中断してベッドに促されることが多々あった。

彼は僕が嫌がることや好まないことは決してしない人だった。僕が彼とのセックスに踏み切れないでいる時、彼は僕に様々な格好をさせて、僕を見ながら彼自身でペニスを扱いては射精していた。彼が穿いて欲しいといったビキニに穿き替えて、ベッドの上で四つん這いになってお尻を突き出してみたり、横臥して片脚を挙げてビキニの染みが浮かび上がった膨らみを見てもらっていた。彼は僕に恥ずかしい格好をさせるのが好きだった。そして、彼は僕が穿いていたビキニを嗅ぎながらオナニーするのも好きだった。射精する時は僕のビキニでペニスをくるんだり、僕が穿いているビキニに亀頭を擦りつけながら射精していた。

実を言えば、僕自身も彼が部屋に脱ぎ捨てていったビキニを嗅ぎながらオナニーをしたことは何度もあった。彼が帰宅した後、ビキニについた精液を嗅ぎながら自分でオチンチンを扱いた。最後には、彼の精液を口に入れて味わった。いつか直接に彼の精液を味わうことがあるかもしれないと淡い期待に興奮していた。
「まずは、冷奴と大ジョッキを2つずつね。」
店員さんは注文を厨房へ伝えに去った。
「いいねえ。剛は変わっていないなあ。」
彼は上着を隣の椅子の背もたれにかけながら言った。
「変わったよ。知り合ってからだと、もう十年だよ。」
「そんなことないって。」
彼の笑顔は今も昔も同じだった。



初めて彼の前でビキニを脱いだのは、初めて抱き合ってから二週間ほど後だったと記憶している。彼とビキニ姿で抱き合う度に、彼は僕のペニスを見たがった。しかし、彼の赤黒くエラのはった大きなペニスとは違って、僕のペニスは仮性包茎だったし、勃起してもビキニからはみ出ない粗末な代物だった。彼に見せるのがとても恥ずかしかった。

その日は午前中で講義が終わり、同好会も無い日だったので、昼食を学生食堂で食べた後に僕のアパートに戻ってきていた。当然のように、玄関の戸を閉めた途端に彼に背後から抱きしめられて、Tシャツもジーンズも脱がされてビキニ1つの格好にされた。僕は玄関を兼ねた小さな台所で彼と向き合って舌先を吸い込まれながら、彼のシャツとジーンズを脱がした。手のひらで軽く撫でるように彼のビキニを撫で回すと、簡単にペニスが勃起してビキニからはみ出た。茎の長さを確かめるように指先で彼のペニスを探りながら、唾液を貪りあうようなキスを続けていた。彼の指先は僕の両方の乳首をこねるように弄り回していた。いつものことだが、彼のビキニを脱がしながら僕は彼のペニスに触れ、彼は僕の乳首に触れた。

彼に促されて隣室のベッドに仰向けに寝ると、彼が覆いかぶさってきた。首筋を執拗に舐められる度に嗚咽を漏らしていた。この頃には僕は自分から彼のペニスに触るようになっていた。キスを浴びながら彼の硬い血潮の塊を掌中に感じるのが好きだった。大きさをしっかりと感じとるため、彼のペニスに触れた。

「剛のちっちゃいオチンチンが硬くなっているのが分かるよ。」
彼は僕の乳首を指の腹でまわすように撫でていた。
「いやだよ、恥ずかしいよ。」
僕の腰が引けて腿を擦り合わせるようにすると、彼はそれを押しとどめた。彼はM字に開脚させるのが好きだったし、僕もその格好でキスされたり、体を撫でられるのが好きだった。
「剛はオチンチンが小さいから勃起してもはみでないんだよね。」
「恥ずかしいこと言わないでよ。」
「だって、本当のことじゃないか。剛はオチンチンが小さいだろう?」
「弘のが大きいんだよ。」
「まさか。俺のは普通サイズだよ。剛が小さいの。皮だって被っているし。」
「い、意地悪。」
「半剥けになった先っぽが滴を浮かべているよ。」
彼のペニスを握る手につい力が入る。
「剛が握っているソレと比べたら一目瞭然だぜ、きっと。」
はあんという溜息が僕の口から漏れると、彼は唇で僕の口を塞いだ。
「剛の小さいオチンチンは生意気に毛なんか生やしていないよな?」
「は、生えているよ。ちゃんと生えているよ。」
「ちっちゃいオチンチンには陰毛なんかいらないよ。」
「いるよ、いる。生えているんだから。」
「俺が綺麗に剃ってやるよ。」
彼の指先がビキニ前面を軽く撫で回した。彼が僕の膨らみを指先で撫でる度に我慢汁の染みが広がっていった。僕は射精の限界ぎりぎりだったかもしれない。彼のヌルヌルになった亀頭を奏でるように触っていると、彼が僕のビキニの両端に指をかけた。脱がされちゃう。でも、脱がされてもいいかも。いや、それは恥ずかしい。葛藤が僕の顔に浮かんだのだと思う。彼が再び優しいキスをした。そして、彼の舌先は僕の口腔内で暴れだした。僕は腰を浮かせて彼に脱がしてもいいよとサインを送った。



店員さんの持ってきた二つの大ジョッキと二人前の冷奴がテーブルに並んだ。
「じゃあ、再会を祝して乾杯。」
「乾杯。」
軽くジョッキを鳴らして、ビールを喉に流し込んだ。美味しそうにビールを飲む彼の顔を見れたことが嬉しかった。彼の笑顔は当時と変わっていなかった。



彼は僕のビキニを脚から外すと鼻先に持っていって匂いを嗅いだ。目を瞑って匂いを楽しむ彼にもっと感じて欲しくて、彼の亀頭を僕の亀頭に擦り付けた。二人の我慢汁でベトベトになっている様子はなんとも表現できない淫靡さを放っていた。大きなペニスと小さなペニスがくっつきあい、先端から透明な汁を垂れ流し続けていた。彼は僕の脱いだビキニの匂いを堪能すると、僕を抱き起こして浴室へ行こうと言った。約束どおり、彼が僕の陰毛を剃り落とすことになった。

湯船に腰掛けて彼に剃毛してもらう間、彼は散々に僕のペニスを弄り回した。恥ずかしくなって手で隠そうとすると手首を掴んで制された。完全に無毛オチンチンにされた後、彼はシャワーをあてて完成させてくれた。しゃがんだ彼の目前に突き出された僕のオチンチン。無毛にしてもらった亀頭が半剥けの小さなオチンチンは勃起していた。小さいながらもしっかりと我慢汁の滴を先端に浮かばせていた。突然、パクリと彼は僕のオチンチンをくわえ込んだ。吸い込まれるような感覚と唇に挟まれて絞りだされるような感覚が交互に訪れた。
「剛の味がするよ。」
スポンとペニスを口から離した彼が言った。
「・・・。」
無言のままで僕は腰をくねらせた。もっと、もっとしゃぶって欲しかった。彼は僕の目を見ながら舌を突き出して根元から先端にかけてペロリと舐めた。
「あううっ。」
嗚咽が浴室に響き、慌てて僕は自分の口を押さえた。立ち上がった彼が僕の顎を軽く掴んでキスをしてくれた。軽く唇同士が触れるようなキスだった。
「俺のもいいかな?」
彼のペニスはお腹にくっつくような勃起をして、先端からは我慢汁が溢れていた。彼にも気持ちよくなって欲しいと思った。彼に感じて欲しいと願っていた。すうっと僕の気持ちが軽くなったような気がした。しゃがみこんで彼の硬いペニスの根元を握った。僕は目を瞑って彼の亀頭を咥えた。歯を立てないように慎重に舌を裏筋にあててみた。彼のペニスが熱いと感じた。舌先を強く裏筋にあてたまま先端へ向かってなぞらせた。舌先に彼の我慢汁がのったのが分かった。素直に美味しいと感じた。彼の嗚咽を聞きながら一生懸命にペニスにしゃぶりついた。ジュポジュポと音をたてて赤黒い大きいなペニスの根元から先端までを吸い上げた。

「だ、駄目だ。いくぞ。」
彼が僕の頭を両手で掴んだ瞬間に迸りが口腔に広がった。苦味の強い精液が流し込まれてきた瞬間、僕も射精した。彼の射精後は搾り取るようにペニスを握った。最後の一滴まで僕は飲み込んだ。僕の口の中は彼の精液で満たされていた。喉に貼りつくような感覚を残しながら、彼が放った精液を飲んでいった。今までは彼がオナニーに使ったビキニに残された精液しか味わったことはなかった。しかし、初めて彼のペニスから精液をもらうことが出来た。大きく彼との関係が発展したように思えた。彼は大きく肩で息をしながら、僕を湯船のふちに座らせた。僕の射精を見つけると黙って僕の肩を抱きしめて、優しいディープキスをしてくれた。
「僕のこと、愛してくれている?」
彼の唇が離れた時に尋ねてみた。
「もちろんだよ。愛しているよ。」
今度は、僕からキスをした。同じように舌を差し込むキスをした。浴室をでた僕と彼はベットの上で、互いが二度の射精をするまでシックスナインで愛し合った。二度目の射精をする時は、仰向けに寝ていた僕と覆い被さっていた彼は同時に達することができた。激しい射精の後、互いの精液を口に含んだまま舌を絡めあった。二人の味が合わさり、恋人同士になれた気分だった。



「最近、調子はどうなの?奥さんと娘さんは元気かい?」
「相変わらずだよ、みんな元気だよ。弘のほうはどうなの?」
「家族サービスは、仕事より大変かな。あはは。」
彼はビールを一口飲むだけで顔を赤くする男だったが、今でも変わっていなかった。僕と彼は一緒に卒業し、同じ会社に就職をした。2ヶ月の研修を一緒に受けた後、互いの赴任地へと散った。数年間、彼とは飛行機で互いに行き来をしていたが、社内報で彼が表彰される記事を見たつけた時に潮時だと思った。彼には彼の生活を築いて欲しいと願った。でも、自分から去る気持ちは辛く、何度も泣いた。

「なんだよ、しんみりした顔して。」
「いや、別に。何でもないよ。」
僕は作り笑いを彼に見せた。彼は不思議そうな顔をしてジョッキのビールを飲み干した。

やがて、僕は上司から紹介された女性を結婚して、娘を授かった。僕は彼には何も伝えなかったが、彼は僕を祝福してくれた。彼も僕と殆ど同じ時期に結婚した。彼は僕を披露宴に招いてくれた。会社の同期の顔を崩さずに出席するのは辛かった。披露宴後に彼は同じホテル内に予約していた部屋に僕を呼んでくれた。最後に二人で愛し合ったのは、これが最後だった。泣きながら彼に抱かれた。彼は激しく僕を貪ってくれた。もう何年前の話になるのだろう。

肴を何品か並べ、二杯目の大ジョッキを頼み、店員さんが去った後、不意に彼が真顔になった。
「昔のこと、後悔してないか?」
「まさか。後悔してないよ。今でも思い出すもの。」
笑顔で彼に応えたが、心臓は高鳴っていた。昔みたいに?戻れる?戻ってみる?僕は葛藤がすぐ表情に表れるらしく、彼は僕を見ると笑顔に戻った。
「続きがあるかもな。」
ポツリと彼が呟いた。僕は無言のままだった。



彼の前で全裸になった日と彼にフェラチオをした日を一度に迎えた後、雪崩が起きた時のように一気に事は進んでいった。その一週間後に僕は彼にアナルヴァージンを捧げた。しかし、彼のペニスは大きく太すぎた。急激に拡げられた痛みに耐え切れずに、翌日は寝込んだままになった。彼はこれに懲りてアナルへの挿入をしようとはしなくなった。初めてのアナルセックスのことを鮮明に覚えていそうなものだが、記憶にあるのは痛みを堪えながら横向きに寝ていた事と彼が心配そうな顔で看病してくれた事だけだった。

続きがあるかもなと彼が呟いた時、当時の続きがあるとすればアナルセックスで楽しんでみることだった。偶然に再会して一緒に飲んでみて、彼と一緒にいることが楽しいと実感していた。肴を取り分ける時に指先が触れると僕は当時の事を思い出していた。今も?あの頃と同じ気持ちになれる?でも、何年も前の話だ。躊躇して前へは踏み出せないように思えた。

目前の彼は手元でなにやら携帯電話を操作していた。そして、突然に画面を見せた。
「部屋、予約したよ。」
予約完了の画面を見せられた時、僕は彼ともう一度踏み出したいと切望していたことに気づかされた。




終わり




ブログパーツ



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル
ジャンル : アダルト

tag : ミニチさんの部屋

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
84位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。