FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽子先輩

僕が今の会社に新卒で入社し、最初に配属された部署にいたのが陽子先輩だった。僕より10歳年上の33だった。陽子先輩は二人の子育てをしながら働いていた。当時としては、子育てと仕事を両立させている女子社員は稀だったように記憶している。女子社員というと補助的な仕事を印象づけるが、陽子先輩は僕が配属された係の係長だった。直属の上司でもあり、僕の教育係でもある存在だった。

陽子先輩は身長が175cmあり、僕より5cmほど背が高い人だった。しかも、普段はヒールを履いていたので身長差は10センチはあった。その大柄な係長に僕は仕事のイロハを徹底的に叩き込まれた。教わったという言い方は適当ではない。叩き込まれたのだった。それだけ、厳しい先輩だった。

陽子先輩は、同期のなかでも出世コースにのっていたように思える。33歳の係長でありながら、陽子先輩は同期初の課長ポストが目前だったからだ。それゆえ、仕事にはとにかく厳しい先輩だった。ロングストレートの黒く長い髪、ひきしまったウエストを中心にスーツスカートが似合っていた。整った顔立ちには大きな瞳と筋の通った鼻、小さめの唇が配置されており、大人の美人というのは、こういう女性をさすのだと思った。とにかく、その見た目の華やかさと仕事でみせる厳しい姿勢のギャップが激しい女性だった。僕が学生だった頃には出会ったことのないタイプの女性だった。

陽子先輩に触発されたこともあるが、僕は誰よりも早く出社し、誰よりも遅くまで仕事で残っていた。仕事の内容は陽子先輩の抱える案件をサポートすることだったこともあり、陽子先輩より先に帰るのは憚れた。残業後に陽子先輩が飲みに連れて行ってくれることは度々あった。慰労をかねてというより、仕事についての課外授業といった内容だった。

その晩も陽子先輩の残業につきあうかのように遅くまで会社に居残っていた。金曜日ということもあり、翌週の準備が立て込んでおり、慌しい一日だった。仕事を終えたのは11時を過ぎていたように記憶している。陽子先輩に誘われるまま、軽く飲みに出ることになった。

陽子先輩には行きつけのショットバーがあり、そこへ連れて行かれた。ショットバーの片隅にあるテーブルに陣取り、陽子先輩がジンライムを飲む隣で僕はビールを飲んでいた時だった。
「篤は、彼女はいるの?」
唐突な質問を受けた。
「そ、そんな人いません」
「仕事が忙しくて探す暇がないのかしら?」
「べつに仕事がという訳ではありませんけど、そういう人はいません」
今までに陽子先輩からプライベートな質問を受けたことがなかったので、僕はしどろもどろになってしまった。
「ふうん。でも、仕事は忙しいわよね。学生時代に彼女はいなかったの?」
またもや彼女についての質問を受けてしまった。苦手な質問だった。学生時代にも彼女はいなかった。そう答えるのは僕には苦痛だった。黙り込んでいると、
「篤、もしかして童貞なの?」
陽子先輩が尋ねてきた。あまりに直球の質問だったので、僕はのけぞりそうになってしまった。

「わたしが教えてあげようか?セックス」
含み笑いを陽子先輩は浮かべた。陽子先輩の目は笑っていた。
「か、からかわないでください」
僕はきっと真っ赤な顔をしていたと思う。
「からかってなんかいないわよ、初物には触手がうごくのよね、わたし」
「そんなこと言われると本気にしてしまいます」
「篤が教えて欲しいなら、教えてあげるわよ」
陽子先輩は天井を仰ぎみながら呟いた。

「本気で言っているんですか?」
「ちゃんと教えてくださいって言ったらいいわよ」
「お、教えてください」
「何を?仕事なら教えているわよ」
陽子先輩は再び含み笑いを表情に浮かべていた。
「やっぱりからかっているじゃないですか」
「うふふ、ちょっとからかったのよ。でも、本当にセックスしてもいいわよ」
「本当ですか?本気にしてしまいそうです」
「篤が童貞なら、教えてあげる」

その晩、僕は陽子先輩に腕を引かれながら生まれて初めてラブホテルへ連れて行ってもらった。ラブホテルの玄関を入ると、陽子先輩は手慣れた様子で部屋を決め、フロントで鍵を受け取った。
「わたしは後で帰るけど、篤は泊まってしまいなさい」
陽子先輩は鍵を僕に手渡した。

エレベーターにのり、僕と陽子先輩は三階でおりた。部屋は308号室だった。今でも部屋の番号を覚えているのは、それが初めてのセックスをした部屋だからだと思う。陽子先輩に急かされるように部屋に入り、照明をつけた。すぐに陽子先輩は部屋の照明を薄暗くなるようにおとした。僕は陽子先輩を見て、ベットサイドで照明を調節できるということを初めて知った。

部屋を薄暗くした陽子先輩は僕を抱き寄せるとキスをしてきた。陽子先輩が僕より長身だということもあり、なんとなく抱かれているような感覚がした。陽子先輩は僕のジャケットを脱がし、ネクタイを外し、Yシャツを脱がせ、肌着も脱がせてくれた。あっという間に、ズボンもトランクスも脱がされてしまった。僕が脱がされる最中もキスが途切れることはなかった。何度も何度も陽子先輩はキスをしてくれた。唇をついばんだり、首筋を舌先で舐めたり、背中にまわした両手で僕の背筋をなぞったりした。陽子先輩の耳元から漂う香りに僕は酔いしれていた。

陽子先輩自身はキスをしながら自分で脱いでいった。ジャケットも淡いピンクのブラウスも同色のキャミソールも、白く総レースを施したブラジャーも、あっという間に脱ぎ去った。スカートのホックも陽子先輩自身が外した。スカートが床に落ちると肌色のパンストに包まれた白いショーツが見えた。陽子先輩は手早くパンストもショーツも脱ぎ去った。僕も陽子先輩も全裸になっていた。
陽子先輩は僕の勃起したペニスを握るとベッドサイドにいざなった。そして、ベッドへ僕を押し倒すと覆いかぶさってきた。シャワーを浴びていないことに気付いたが、このままでいいと思った。
「最初がわたしで後悔しない?」
「後悔なんかしません」
「じゃあ、篤の童貞を食べちゃうわ」
陽子先輩がキスをしてきた。舌が唇を割って侵入し、僕の口腔をしゃぶりつくした。その間も僕のペニスは陽子先輩の右手で軽く握られたまま、扱かれていた。

陽子先輩の指先が僕の鎖骨をなぞり、唇は乳首から腹筋をなぞっていった。やがて股間まで達した陽子先輩の唇がペニスの先端に触れた。ちゅっと軽い音をたてた後、ペニスの亀頭は陽子先輩の口腔に吸い込まれていった。ジュプ、ジュポっという音が数回続いては止み、止む度に陽子先輩の溜息が聞こえた。僕の玉袋を撫でながら、陽子先輩の舌先はペニスの先端と根元を何往復もした。初物は美味しいわと陽子先輩は呟いた。

やがて、陽子先輩は僕に跨ってペニスを掴むとオマンコにあてがった。
「いよいよ童貞におさらばよ」
陽子先輩は含みのある表情を一瞬みせた後、恍惚とした表情を浮かべながら膣奥深くまでペニスを少しづつ入れていった。熱い襞にペニスが包まれた。奥に達するまでペニスを入れ終わった陽子先輩は上半身を固定したまま、腰を降り始めた。両腕で支えられた上半身は軽く揺れるだけだった。陽子先輩の命じるとおりに、乳房全体を撫で、乳首を弄ってみた。陽子先輩はたくみに腰を使い、徐々に出し入れする速度をはやめていった。

どの位の時間が過ぎたかは今では憶えていない。多分、半時間近い時間が過ぎていたと思う。
「もうダメ、いきそうだわ」
陽子先輩が呻いた。ペニスにまとわりつく襞はいっそうに熱くなり、ペニスを締め付けてきた。
「ああっ、ダメ。イク」
唐突に大声をあげた陽子先輩は上半身を支えきれなくなり、僕に覆いかぶさってきた。陽子先輩の腰を掴んで下から突き上げる度に、獣の咆哮のように陽子先輩は声をあげた。まるで、別人のように映った。下から突き上げているうちに、再び陽子先輩は達した。
「ああっ、イク!イク、イク。ダメ、イク」
叫びながら陽子先輩は達した。

三度ほど、達した後に陽子先輩は僕の隣にごろりと仰向けに寝転がった。
「篤、本当に初めてなの?」
「初めてですよ」
「篤のコレ、すごいわ」
勃起し続けるペニスに陽子先輩は指を絡めた。
「合格でしたか?」
「初めてでここまで気持ちよくしてくれたんだもの。合格だわ」
「今度は僕が上になりますね」
「まだするの?」
陽子先輩の問いには答えず、僕は陽子先輩に覆いかぶさり、ペニスをオマンコに押し当てた。ヌルリヌルリと膣奥に吸い込まれていった。

早くも陽子先輩は喘ぎだした。はあはあという息が途絶えては、おおっと吼えた。正上位という体位だったと後から教わった。その時、僕は夢中で腰を使った。陽子先輩は僕にしがみつき、僕の背中に爪をたてていた。僕も陽子先輩をしっかりと抱きしめていた。キスを交わしながらも互いに擦りつけあうように腰を使い続けていた。

「ああっ、篤。また、いきそうだわ」
「いってください」
「こわれちゃうわ。ああっ」
陽子先輩は首をのけぞらせ喘いだ。
「さあ、もう一回いってください」
「ああっ、あっ、いきそう」
背中に食い込んだ爪がしびれるような痛さをもたらしていた。
「こうしたらどうです?」
腰を円を描くようにグラインドをかけた。
「だめっ、イク、イク!」
その後、陽子先輩は声にならない高い呻き声をあげ、低く唸るような声へと変化していった。
「僕も、もうだめです」
「キテ、キテ、中にキテ!」
激しく腰を使ったこともあり、陽子先輩は連続してイキ続けていた。
「だ、だします。このまま、出します」
「篤の精液、中に出して。いっぱい出して」
陽子先輩の声は既に叫び声になっていた。その叫び声に導かれるようにして僕は射精した。陽子先輩の膣奥に精液を出し切った。射精が終わっても暫く抱き合ったまま、動けなかった。

その晩を境にして、月に2度3度と陽子先輩とは体をあわせる関係になった。デートはいつも金曜もしくは土曜出勤した日の夜だった。陽子先輩は僕にオンナの体をいかに味わうかを教えてくれた。色々な体位というのがあることも教えてくれた。陽子先輩は懇切丁寧にセックスを教えてくれたし、獣の雌になってセックスを楽しんでくれていた。



僕は入社して3年目に地方へ転勤になった。いよいよ、陽子先輩のもとから巣立つ時が来たと思った。寂しさを感じるのだろうなと僕は思った。そういえば送別会の夜、陽子先輩はかなり酔った姿を晒した。皆でタクシーへ乗せて送り出すのは一仕事だった。きっと、離ればなれになってしまうことが悲しかったのだと思う。僕も陽子先輩同様に寂しかった。どれ位、寂しく感じる時期が続くのか分からなかった。三年近く体を重ねあった関係は簡単に切れるものではなさそうだと感じていた。土地勘の無い赴任先で暮らすことへの不安もあった。

それでも、僕は新しい赴任先にはすぐに慣れることが出来た。仕事が忙しかったことは赴任前も赴任後も同じだった。仕事に打ち込むことで陽子先輩のことを思い出さないようにしようと努めていた。仕事に打ち込めたからだったのか、仕事の基本がしっかりしているという評価を僕は周囲からすぐに得ることが出来た。でも、これは陽子先輩のお陰だと今でもつくづく思う。



そして、新しい赴任先で僕は簡単に新しい恋におちた。それが妻の明美だった。おじさん中心の職場で独身の若い男性は僕しかいなかったし、若い独身女性といえば明美しかいなかった。明美は地元の短大を卒業して、僕より一年早く就職していた。会社では一年先輩だったが、年齢は一歳下だった。小柄でおとなしい雰囲気の女性だった。乳房が大きいことは制服の上からもよく分かった。

明美と交際が始まった頃は、よもや結婚するとは思いもしなかった。たしか、赴任して半年ほど過ぎた頃から、明美があれやこれやと世話を焼いてくれるようになり、僕が一人暮らしをするアパートへ家事に通ってくれるようになっていた。明美は胸の谷間は見えるようなシャツを着たり、ジーンズのミニスカートを穿いて太腿を露わにした格好をしては、僕のアパートを訪ねてきていた。僕が我慢できなくなり、明美の体にとびつくまではそうは時間を要しなかった。

結局、赴任した翌年には明美と婚約し、その翌年には結婚していた。休日になると日がな一日中、互いの体を貪りあった。食事の時間すら勿体ないとおもう位にセックスをあきもせずに繰り返していた。

次の赴任先に移ると上の子供が生まれた。翌々年には下の子供がうまれた。僕と明美の間はすっかりお父さんとお母さんの役割になりきってしまった。僕は仕事に忙しく、明美は育児におわれる毎日になり、夫婦はセックスレスになっていた。それでも、穏やかな日々が続いた時期だった。

入社10年目には再び僕は本社へ転勤となった。今度は係長として転勤だったので、栄転したと言っても差し支えないと思う。何よりも、陽子先輩の部署に戻れたのが嬉しかった。陽子先輩は既に部長になっており、僕が所属するチームの課長を兼任していた。子飼いの係長を配置したかったので僕を呼び寄せたという噂を人づてに聞いた。

再び戻ってきた職場は居心地のいいものだった。七年近い年月が過ぎたのに部の雰囲気はかつてと変わりない慌しいながらも活気に溢れていた。流石は陽子先輩の率いるチームだと感じた。出社してすぐに、部長へ昇進していた陽子先輩と久しぶりに顔を合わせた。

「おひさしぶり」
「こちらこそ、おひさしぶりです」
「久々の本社は如何?」
「陽子先輩らしい雰囲気です」
「褒めているのかけなしているのか分からないわ」
「勿論、褒め言葉ですよ」
「篤の歓迎会を企画しなくちゃね」
「陽子先輩と二人だけの歓迎会もお願いします」
「わたしを捨てたくせに」
「拾ってくれたじゃないですか」
陽子先輩は僕の胸を叩いて大笑いをした。笑いながら陽子先輩は僕の指先に触れた。暗黙のうちに再び体の関係を二人で期待していた。



個室の予約が出来る居酒屋で陽子先輩と待ち合わせた。紺色のスーツスカート姿の陽子先輩と隣り合わせに座り、乾杯をした。ほどよく陽子先輩が酔い始めた時、手を伸ばして白いブラウス越しに陽子先輩の乳房に触れてみた。さして嫌がるでもなく、しなだれてきた。
「トイレでブラジャーを外しておいでよ」
陽子先輩の耳元で囁いた。びっくりした表情を陽子先輩は見せたが、すぐにコクリと肯いて席をたった。

戻ってきた陽子先輩はどことなく落ち着きが無かった。
「トイレでブラジャーを外しました?」
「ええ、外してきたわ。でも、なんか落ち着かないわ」
「外したブラジャーを見せて下さいよ」
「意地悪なことを言わないで」
「それとも、スーツの上着を脱ぎますか?」
「篤の意地悪」
陽子先輩はおずおずとバックから外してきたブラジャーを取り出した。紫色のレースがカップの周囲を飾り、肝心なトップの部分がシースルーになったデザインだった。
「テーブルの上にでも広げますか?」
「いやよ、店員さんが来たら困るわ」
「じゃあ、スーツの上着を拡げてみせて欲しいな」
「恥ずかしいわ」
手を伸ばして紺色のスーツを肌蹴さした。ブラウスにうっすらと褐色の乳首が透けて見えた。
「乳首、たっていますね」
「ああっ、はずかしいから止めて」
「恥ずかしいとか言いながら硬くしていますよ、乳首」
ブラウス越しにコリコリとした乳首を軽く摘んでみた。外してきたブラジャーを陽子先輩はぎゅっと握り締め、快感を楽しんでいるようにもみえた。そのブラジャーをとりあげて、テーブルに広げてみた。
「恥ずかしいとか言いながら硬くしていますよ、乳首」
「い、いやなこと言わないで」
陽子先輩はお店の人に見つかっては大変と、そそくさとテーブルにひろげられたブラジャーをバックへしまった。

「ブラとお揃いのショーツを穿いていますか?」
「え、ええ。お揃いよ」
「さぞかし、破廉恥なショーツでしょうね」
「いやらしい言い方、しないで」
「下もトイレで脱いできてください。ここで脱いでもいいけど」
「そんなことできないわ」
「ここで脱いでもらうのがいいかな」
「そんなこと、無理。絶対にできないわ」
陽子先輩はびっくりした表情を浮かべかぶりを振った。僕は黙ったまま、陽子先輩のスカートの裾をひっぱりあげた。陽子先輩は抵抗することなく、スカートをむくられるままだった。紫色をしたブラジャーと同じようなレース使いを施されたタンガが丸見えになった。しかも、ストッキングはセパレーツになっていた。ブラとショーツとガーターの三点セットを身に着けていた。

「いやらしいショーツを穿いていますね。ぬがしますよ」
陽子先輩は紅潮した顔でうつむいたまま、僕にタンガを脱がせることに抵抗しなかった。脱がせたクロッチはぐっしょりと濡れていた。濡れたクロッチがよくみえるようにショーツを摘んで陽子先輩の鼻先にぶら下げた。
「陽子先輩のオマンコ、匂いますね」
真っ赤な顔をした陽子先輩はひったくるようにショーツを奪い、バックにしまいこんだ。慌てたように乱れたスカートの裾も直した。
「陽子先輩、ノーパンでスースーして風通しが良さそうですね」
耳元で囁くと、陽子先輩は目を瞑ってキスを求めてきた。

ホテルへ向うタクシーの中でも、陽子先輩は僕の右腕に寄りかかるように腕を絡ませたままだった。かつて、初めて陽子先輩と訪れたラブホテル前で下車し、玄関をくぐった。同じ308号室を指定した。

エレベーターにのり、扉が閉まった直後に僕は陽子先輩のスカートの裾を掴んで腹部まで引っ張りあげた。動揺した陽子個先輩は僕の胸に顔を埋め、右手で股間を隠そうとした。しかし、僕は陽子先輩の両手首を掴み股間を隠すことを許さなかった。
「誰も乗ってこないといいですね」
「いやよ、いや。恥ずかしい」
エレベーターの中で、下半身のガーターとストッキングだけの姿を陽子先輩は晒した。三階にエレベーターが到着し、扉が開いた。運が良いのか悪いのか誰もいなかった。陽子先輩は早く部屋にはいりましょうと僕を急かした。
「下半身丸出しで廊下を歩く気分は如何ですか?」
「早く部屋にいれさせて頂戴」

転がるように入室した後、ソファの上で陽子先輩を四つん這いにした。お尻を広げるようにするとアナルは丸見えになり、膣口は糸をひかんばかりに濡れそぼっていた。開いたり閉じたりする度にピチャピチャと小陰唇がもつれ合う淫らな音がした。膣口の汁をすくい、アナルにまぶすと陽子先輩はそこはダメっと声をあげながら身をよじらせた。

「だめと言いながらもよがっていますね」
陽子先輩のアナルをゆっくりとほぐし始めた。感じている証拠に膣口からは大量の汁が溢れてきていた。陽子先輩は抵抗せず、アナルを僕に好きなように弄らせていた。

「ああっ、だめ」
アナルに指を差し込んだときに陽子先輩は声をあげた。おかまいなしに人差し指を根元までいれてしまった。
「だめとか言いながらも、指を飲み込んでしまいましたよ」
唾液をアナルに垂らし、ゆっくりと指を出し入れした。
「いやあっ、変な感じ」
陽子先輩は喘ぎ、抗うような悲鳴をあげた。一旦、指を引き抜き、陽子先輩の人差し指を掴んでアナルへ差し込んでみた。
「自分でほじる感じは如何ですか?」
僕の意地悪な質問へは陽子先輩は答えず、ただ喘いでいた。陽子先輩の指を掴んで出し入れしながら、僕も指を添えて一緒にアナルへ挿入した。
「ほら、二人の指がアナルに入っていまいましたよ」
「ああっ、変な感じ」
「気持ちいいのでしょう?」
「い、意地悪いわないで」

「感じているようにしかみえませんよ」
陽子先輩のアナルへ二人の指をいれたまま、別な指を膣口に軽く押し当てて突いてみた。陽子先輩の喘ぎ声は一オクターブ上ったように聞こえた。
「おまんこにも指をいれてみますか?」
答えを聞くでもなく、僕は膣口に当てた指を挿入した。膣の中を探るように動かすと皮一枚を通してアナルへ挿入した指たちとぶつかった。更に、膣へ挿入する指を増やしてみた。四本の指が陽子先輩の体内でぶつかり合った。陽子先輩の左手をクリトリスのある辺りに導くと、陽子先輩は自分でクリトリスを弄り始めた。

「アナルとおまんこを弄られながらオナニーするなんてイヤラシイですね」
陽子先輩は悲鳴をあげながらもクリトリスを擦り続けていた。やがて、呟くようにイキそうと言い出した。クリトリスを擦る速度にあわせ膣とアナルへ入れた指も早く動かした。ああっという唸り声を上げると陽子先輩は達してしまった。僕は手早くズボンと下着を脱ぎ、ペニスを膣口にあてがった。陽子先輩が腰を突き出しては腰を引いて焦らした。

「おまんこを押付けてくるなんて、まるでセックスしたがっているみたいですね」
膣口に軽くペニスを押し当ててたまま尋ねると、意地悪しないでと陽子先輩は呻いた。何がお望みですかと尋ねる頃には、陽子先輩の頭の中はバックスタイルでセックスすることしかなかったと思う。陽子先輩の腰を掴み、ゆっくりとペニスを沈めていった。膣奥にぶつかる感触を得ると、今度はゆっくりと引き抜き始めた。膣口からペニスが外れることはなかった。ストロークの度に陽子先輩は低い唸り声をあげていたが、膣奥にペニスを当て続ける頃には唸り声は吼えるような声に変わっていた。いいのとか、もっととか何を叫んでいたかはよく聞きとれなかった。最後にはっきり聞こえたのは、
「イクッ!イク、イクッ、イッちゃう!」
という叫び声だった。その後、あうあうと呻いては、イクイクと叫び声をあげた。三度ほど繰り返した後、陽子先輩はぐったりとソファにうつ伏せに崩れた。

ソファで互いの着衣を脱がしあいながら一息いれてから、僕と陽子先輩は一緒にシャワーを浴びた。陽子先輩は僕の体を愛おしそうに洗ってくれた。二人で湯船に浸かりながら対面座位で挿入をした。陽子先輩は積極的に腰を振り、お湯を波立たせた。浴室に陽子先輩の喘ぎ声が響いた。最後は湯船の淵に両手を置いてお尻を突き出した陽子先輩に挿入した。シャワーキャップを被った陽子先輩は首を振りながら、立て続けにイキ声を聞かせてくれた。

その晩は時間に余裕がなかったので、しばしソファで裸のままで抱き合った後、チェックアウトした。七年近い月日が流れていたが陽子先輩とのセックスは自分のなかにある雄の本能を刺激してくれる点では何も変化していなかった。これからも関係が続くことを僕も陽子先輩も願っていた。








ブログパーツ



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : ミニチの部屋

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。