FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖寝取られ夫さん作品 -第四章-

まず妻の服を脱がせました。目の前にある愛する妻のきれいな身体を見て、私の祖チンはビンビンでした。
続いて、彼氏様の元に歩み寄り、服を脱がせました。
トランクスを降ろすと、私の目の前には彼氏様のオチンチンがありました。
まだ勃起していないにも関わらず、立派なモノです。
私はこのものを口にしないといけないことに、やはり抵抗を感じていました。
しかし、そうすることでしか射精させて貰えないのです。
そのままバスルームに行きました。
お二人は湯船につかり、抱き合っていました。
私はその様子を見ていました。
そして、妻の身体から洗いました。
スポンジから伝わる身体の感触がたまらなく気持ちの良いものでした。
おっぱいやオマンコ、この間まで私の自由になるものだったのに・・・。
今では見ることさえも、十分にできなくなってしまった。
彼氏様の身体を洗うのは、屈辱的でしたが、もう命令に従うしかないと思い、一生懸命洗ったのでした。
オチンチンは立っていました。
洗う為に初めて、他の男性のオチンチンを手にしました。
改めて、彼氏様の大きさには驚かされました。

そして、自分自身のオチンチンと比べて、私は祖チンを痛感させられたのでした。
私は彼氏様のオチンチンを洗いながら、自分自身の運命を呪いました。
オチンチンが小さいために、こんな悲惨な状況になって
しまった。妻を満足させられなかった結果である。
浮気をした妻が悪いわけではないと思っていました。
妻のことを嫌いになることができないばかりか、側から
離れることができなくなっていました。
愛する妻の側に居させて貰うために、こんな屈辱的な
行為すら容認し、今の生活を受け入れようとしていました。
そして私は祖チンである私が悪いと自分自身を責めるように
なっていました。祖チンはどうすることもできません。
男として劣っているわけですので、他の男性の軍門に下る
ことは仕方がないことだと考えるようになってきました。
彼氏様の立派なオチンチンを洗いながら、私は覚悟を決めていました。
同性である男性の足元に跪いて、オチンチンを手にとって洗わされているという屈辱にすら、
感じてしまっていました。
お二人がお風呂から出られると、バスタオルで身体を拭きました。
そして、お二人にベットに向かわれました。
私はベットの上に居られる、お二人の前で、床に土下座しました。

頭の上から妻の声が聞こえてきました。
「さあ、覚悟はいい?」
「ちゃんと、彼にお願いして舐めさせて貰いなさい!」
私は命じられるまま、彼氏様にオチンチンを舐めさせて下さいとお願いしていました。
彼氏様はベットから降りて、私の前に立たれました。
私が見上げると、彼氏様のオチンチンは立ってはいませんでしたが、
私の膨張時よりも大きいのです。
私は意を決して、ひざ立ちをしました。
私の顔の前には、彼氏様の立派なオチンチンがありました。
顔を近づけると、何とも言えない微かな匂いがありました。
お風呂に入っているので、それほど不潔感は感じませんでした。

私は、同性である彼氏様の足元に跪いていました。
私の目の前には、私のものとは比べ物にならないくらい
立派なオチンチンがありました。まだ、勃起はしていません。

私はホモではないので、男のものなど興味がありません。
ましてやフェラをするなんて、到底できることではありません。
しかし、妻の命令に従わなくてはならないという気持ちがあります。
妻のことを嫌いになることができたら、いいのでしょうが、
全く、そのような気持ちにはならないのです。
そしてなにより、自分自身の性欲に勝つことができないのです。
たった数日間、拘束されているだけなのに。
妻に挑発されていることもあるのでしょうが、自分自身、非常に情けなく思っていました。
私は彼氏様のオチンチンを見つめながら、このような葛藤を感じていました。
そして、結論は出ました。

やはり、妻から離れることはできません。
私の様子をベットの上から見下ろしている妻はとてもきれいでした。
私に対して態度が変わってしまった今でも私は妻のことが好きでたまらないのです。
そして、奴隷として扱われ、屈辱的なことを命令され実行することに対して、快感を覚えつつあったのです。


私は意を決して、目の前にある彼氏様のオチンチンを手にとってみました。
目を閉じて、思い切って口の中に入れました。
口の中から彼氏様の体温が感じられました。
私の頭の上から彼氏様の声が聞こえてきました。
「おっ、こいつ本当に咥えやがったぞ」
妻もその様子を見て
「キャー、本当にした。バッカじゃないの」
気がつくと、私は涙を流していました。
そして私の身体は屈辱で震えてきたのでした。

妻から、
「ちゃんと気持ちよくしてあげてよ。お前のお口で!」
「同じ男なんだから、どうすればいいか判るよね」
私は泣きながら、彼氏様のオチンチンに舌を這わせました。
屈辱に耐えながら、舐め続けましたが、変化がありません。
彼氏様から、ぜんぜん気持ちよくないからやめろ!と言われました。
すると妻が、私を押しのけて、彼氏様にフェラを始めました。
私の唾液まみれのオチンチンを舐めているのです。



ブログパーツ


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2400位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
88位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。