FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖寝取られ夫さん作品 -第十二章-

私は一人で居る時でも、このようにマゾ的な考えに変わってきており、なおかつ、
その想像で感じてしまっていたのでした。食器を洗い、各部屋に掃除機をかけ、
お風呂を掃除していました。その間、妻の痴態が頭から離れなかったのです。
私は勃起しながら、掃除していたのでした。最後になったトイレを掃除している時、
そのピークがやってきたのです。妻と彼氏様は今ごろ楽しんでいるのだろう。
セックスの真っ最中かもしれない。でも自分はこうやって便器を磨いている。
この差は、女王様と奴隷という身分の差なんだろう。奴隷はトイレを掃除するのが当然なのだ。
私はすでに妻にオシッコを飲まされており、私の口は便器に成り下がってしまっている。
などと考えていると、我慢できなくなりました。気が付くと私は、
トイレで便器に向かって射精してしまっていたのです。
それでも性欲は収まることはありませんでした。私は妻のパンティーで
オナニーしようと思い、ひとまず自分で汚してしまったトイレの掃除を続けました。
掃除が終わり、オナニーをしようを思った瞬間、私の携帯が鳴ったのでした。
私はオナニーは禁止されていませんでしたが、なぜかとてもビックリしてしまったのです。
電話は妻からでした。私はすぐに準備をして、妻を迎えに行きました。
彼氏様の部屋に付き、車を止めて待っていると妻だけが降りてきたのでした。
私はいつものように彼氏様に土下座をさせられたり、靴をなめさせられたりと
辱めを受けることを覚悟していただけに、拍子抜けしました。助手席に妻が乗って来ると、
家に向けて車を発進させました。妻は飲んで来たと言い、いつもよりもご機嫌でした。
車の中で妻が私に聞いてきました。

「電話の時、何してたの?声が震えていたわよ。どうせ一人でやっていたんでしょ?」
私は言葉に詰まってしまいました。見抜かれてしまったことを後悔しましたが、どうしようもありません。
私は素直にオナニーしていたことを認めました。
妻のセックスしている姿を想像だけでなく、トイレを掃除する被虐感にも感じてしまったことや
妻のパンティーでオナニーしようと思っていたことまでを全て告白してしまいました。
妻に対して嘘をつく事に抵抗を覚えるようになっていたのです。
女王様に対して、奴隷の身分である私が嘘をつくことなど許されないと考えるようになってきたのです。
私の告白を聞いている間、妻の顔は優越感に満ち溢れて、楽しそうにしていました。
家に入るとすぐに、私は玄関で妻に土下座をしました。
いつもするように跪いて靴を脱がせるのではなく、床に額をつけてオナニーしたことを謝罪したのです。
オナニーは禁止されていないので、私の自由にできるはずなのですが、なぜか私にはオナニーを
黙ってすることに対して罪悪感があったのです。以前の射精管理の為かもしれません。
射精管理というものが非常に辛く、二度とされたくないものだったからです。妻は私の頭を足蹴にして言いました。
妻「オナニーは禁止していないわよ。どうして謝るの?」
私「女王様に黙ってすることが悪いように思えました」
妻「奴隷としての自覚が出てきたのかしら」
  「奴隷は悪いことをしたらお仕置きが必要よね」
私「はい、女王様。お仕置きをして下さい」
妻「そんなにお仕置きして欲しいの?じゃあ、射精はまた禁止だね」
私「えっ・・・」
妻「お仕置きってことはお前が悪いと認めたんだろ?」
私「オナニーは禁止されていないから・・・。悪くないです」
「射精管理だけは、お願いですから許して下さい」
妻「じゃあ、なんでお仕置きされてもいいなんて答えるの?」
私「それは、苛められると感じるからです」
妻「いいわ、いっぱい苛めてあげる。私も楽しいし、ストレス解消にもなるし」
会話の途中から妻は、私の頭から足を下ろしました。私は妻の足元で靴を舐め続けながら答えたのでした。

いつものように、妻の靴を脱がせ、部屋に入っていきます。立っている妻のストッキングを脱がせます。
妻の足元に跪き、スカートの中に手を入れてストッキングを下げるのです。
私の目の前には妻のパンティーがあるのです。私の租チンはもうそれだけでビンビンになってしまいます。
そしてソファーに座った妻の前に跪いて足をマッサージするのです。
まず奴隷としての忠誠の証として、妻の足をきれいに舐めるのです。
足の甲にキスをして舐めることから始まり、足の裏も舐めてきれいにさせられます。
そして足の指の間まで丁寧に時間をかけて舐めるのです。その後は、お疲れになった足を揉み解すのです。
ふくらはぎから太ももまで、妻が満足するまでマッサージをするのです。

妻「ねえ~。そんなに苛められると感じるようになっちゃたの?」
  「お前がそんな変態マゾだなんて思ってもみなかった」
私「私も調教されるまで自分にこんな性癖があることに気付きませんでした」
妻「新たな快感が分かるようになったのは、私のお陰なのかな?」
私「・・・。はいそうです」
妻「キャハハハ。無理しちゃって。本当は私が浮気したからでしょ」
  「浮気したこと恨んでるんじゃないの?正直に言ってごらんよ」
私「最初は・・・。でも苛められることが気持ちよくなってからは、
  そんなこと思っていません」
妻「自分でも思うけど、ほんと酷いことしているわよね。こんな私のこと
  まだ好きなの?いいんだよ。無理しているなら、別れても」
私「今の方が昔よりも好きです。愛しています。このままの関係で
  満足しているのです。何でも命令に従いますから、側に居させて下さい」
妻「そう。お前が好きで奴隷しているなら、いいけど」
  「でも、お互いによかったわね。新しい快楽を求めることができて。
  私はSとして、そして他の男とのセックス。お前はMとして」
私「正直に言えば、セックスができないのはすごく辛いです。
  ましては女王様だけが好きなだけセックスしているなんて。
しかし奴隷である私は仕方がないと受け入れているつもりです。
私は奴隷として使われるのが嬉しいと思えるようになりました」

妻「お前って確か『寝取られマゾ』っていうのだっけ?そんな願望があったんだよね。
  実際に夢が叶ってどう?」
私「気持ちの面では、嫉妬することがこれほど感じるとは思ってもみませんでした。
  それだけ私がマゾになってしまったのでしょう」
妻「最近やっているSMプレイはどう?私は楽しくて仕方がないけど」
私「私も同じです。マゾとしての喜びを知ってよかったと思っています。
  これからももっとして下さい」
妻「私がお前を家政夫のように使うのは?」
私「奴隷なんだと実感する時です。掃除をしたり洗濯をしたりするのも
  苦にならなくなってきています。それに、女王様の食べ残しを食べる
  ことにも感じてきています」
妻「そうよね。私のパンティーでオナニーするの好きなんでしょ?
  床で犬みたいに食べている姿を見るの楽しいわよ。だいたい、
  お前はオチンチン立てて食べていることが多いよ」
私「はい、女王様のパンティーが最高です。これからもしていいですか?」
妻「いいわよ。ご褒美だと思ってね」

妻は私の答えに満足していました。私も妻に自分の本心を伝えることができました。
女王様と奴隷という関係ではありますが、夫婦としてお互いの気持ちを知り合うことができたと思いました。
私は妻との会話をしながら、妻は今の私達の関係に満足しており、私の妻への愛情も伝わって
受け入れてくれていると考えていました。私の主観的で希望的観測に過ぎないのですが、
私はこれ以上酷くはならないであろうと思っていました。
もしかすると、私の気持ちが伝わり、昔のような元の関係に少しでも近づけるのではないかと
淡い期待を寄せていたのです。
しかし現実は、そんなに甘いものではなかったのでした。
妻「私達のセックス奴隷になる覚悟はできたの?」
私「それは・・・」
妻「前にも言ったけど、セックス奴隷が出来なければ、お前なんかいらないの。分かっているの?」



ブログパーツ


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。