FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷四郎第二部 ~不意の訪問者

ん…ん…

んはぁ…

ここは雷四郎専用浴場。

浴槽の縁にしつらえた玉座のような椅子に全裸でくつろいで座る雷四郎。

股間にはやはり全裸の女たちが群がり、雷四郎の陰茎を奪い合うように口に含んでいる。

皆、雷四郎を見上げ上目遣いで挑発するように陰茎を舐める。

女たちは雷四郎の陰茎を舐めながら、自らの股間に指を這わせ乳房を揉み自慰をする。

浴場の端では男たち…雷四郎の股間に群がる女たちの夫が妻を見つめ、寸止め自慰を繰り返していた。

クククッ。

その様子を見ながら満足気に含み笑いをする雷四郎。

お前たちがいやらしく俺のチンポをしゃぶるものだから、亭主たちが興奮してせんずりこいているぞ。

相手をしてやらなくて良いのか?


雷四郎は既に返答がわかった上で、敢えて女たちに問う。

良いのです雷四郎様。

雷四郎様の逞しい男根様の味を一度でも味わえば、女は皆雷四郎様の虜になります。


不貞を働いた夫は寸止めオナニーで充分。

どうしてもしゃぶって欲しければ男同士でしゃぶらせますわ。


女たちは口々にそう言った。

それより…

一人の女が舌奉仕をやめ、その場で立ち上がると尻を雷四郎に向け両手で拡げる。

雷四郎様ぁ!

種付けをお願いします!


そう言うと両手で拡げた尻を艶かしく振る。

あっ!抜け駆け!

雷四郎様ぁ!種付けは是非私めに!

雷四郎様ぁ!今日こそ私に種付けを!

そう言って並んで雷四郎に向け淫らに陰部を拡げる女たち。

皆、唇がめくれ上がり恍惚の表情を浮かべている。

雷四郎を中心に放射状に並んだ尻を淫らに振る姿はなんとも淫靡だった。

雷四郎には人とは違う特殊能力があった。

触れた者の心を読み、本音を引き出し、意のままにする力だ。

雷四郎自身はそれを「導術」と呼んでいた。

「太陽の会」に入会して来る女たちは皆、爽やかな顔と柔らかな物腰、
服を着ていても隠しきれない筋骨逞しい雷四郎の男性フェロモンにほだされてしまう。

そして雷四郎の信者になってしまうのだ。

雷四郎様!今日こそは妻に是非中出しを!

雷四郎様!今日は私めの妻を抱いて下さいませ!

雷四郎に向かい、陰茎を突き出し、自慰を繰り返す夫たちは、
口々に自分の妻を犯して欲しいと雷四郎に懇願する。

夫たちはいずれも不貞を働き、雷四郎の信者となった妻に連れて来られた。

最初は雷四郎に抗う者もいるが、格闘技の達人でもある雷四郎に打ち負かされて軍門に下る。

雷四郎をバックにつけた妻たちに服従しているうちにMに目覚めるのだ。

服従するふりをして逆襲の機会を伺う者もいるが、
ことごとく雷四郎の導術によって見破られ、去勢されてしまっていた。

去勢された夫たちは女性ホルモンを始めとした各種薬品を投与され、徹底的に攻撃性を排除される。

そんな去勢された夫たちが、去勢されていない夫たちの陰茎を貪る。

美貌の妻たちは雷四郎が独り占めし、残された夫たちは惨めに男同士慰め合う。

これが「太陽の会」の実態だった。

お兄様、相変わらずお盛んですわね。

雷四郎が尻を並べた女たちを交互に犯している最中、一人の女がそう言いながら大浴場に入って来る。

長い黒髪に透き通った白い肌。

引き締まるところは引き締まり、出るところは出ている完璧なプロポーション。

もちろん全裸である。

男たちはその美しさに自慰も忘れて息を飲む。

女たちも天女のようなその美しさに皆動きが止まり凝視する。

おうっ!小夜かっ!

久しいな!


そんな中雷四郎だけが動きを止めず、女たちを犯し続ける。

お久しぶりでございます。

小夜と呼ばれた女は浴槽に入り、雷四郎の間近まで近寄り深々と頭を下げる。

用があるなら応接室で待っていれば良かったろう?

そうしようかとも思ったのですが、観堂から兄様がこちらだと聞いたので
久々に共に湯あみをしようかと思いまして。


そうか、まあもうじき終わるからしばらく湯にでも浸かっていてくれ。

そうさせて頂きます。

小夜はそう言うと一旦風呂から出て湯掛けした後、
雷四郎と女たちがいる場所から少し離れた場所に腰掛け、湯に浸かる。

はん!はん!はん!

雷四郎様…あの方は?


雷四郎に尻から突かれている女が喘ぎながら雷四郎に尋ねる。

ああ、小夜は俺の妹だ。

母親は違うがな。


い、異母兄妹の妹さんですかっ!

ああん!良かった!


女は安堵した声をあげ、また行為に没頭する。

今日はお前で出してやる。

何巡しただろうか?

雷四郎は女を尻から貫くと浴場中に響く声でそう宣言する。

ありがとうございます!

ありがとうございます!

尻から犯されている女のみならず、その夫までもが嬉々として雷四郎に礼を言う。

それ!俺の子を孕め!

そう言うと雷四郎は女の膣奥深く射精する。

ああああ!

雷四郎の射精と同時に絶頂に達した女はガクガクと身を震わせてその場に崩れ落ちそうになる。

すかさす走りより妻を支える夫。

抱き抱えるように湯船から妻を連れ出すと、まだ痙攣している妻の陰部に顔を埋め、
溢れ出る雷四郎の精液と妻の愛液を舐め取る。

膣の中の子種様は絶対…吸い取っちゃダメよ…

あなたは…溢れ出たおこぼれだけ舐めなさい。


は、はい!

性交の余韻で息も荒いまま、夫に命じる妻。

そんな夫婦の痴態を優越感に浸った目で見る雷四郎。

仁王立ちになった雷四郎の陰茎に残った女たちが群がる。

ちょっと私が先よ!

私がお掃除するの!

雷四郎様ぁ!次は私めに子種を下さいませ!

女たちは口々にそう言いながら、争うように雷四郎の陰茎を貪る。

その女たちに見向きもせず雷四郎は優雅に湯あみをする小夜を見つめた。

しばらく女たちの好きなようにさせていた雷四郎だったが、
やがて女たちを押し退けるように割り、小夜の元へと歩み寄る。

そして小夜の横に並んで腰掛け、肩を抱く。

息災だったか?

そう尋ねながら雷四郎は脇から手を伸ばし、湯の中で小夜の乳房を揉み、指先で乳首をつまむ。

はい。

お兄様は…相変わらずお元気ですわね。


そう言いながら小夜はやんわりと雷四郎の手を払う。

ははは!元気だとも!

で?今日は何用か?


雷四郎は懲りずに今度は小夜の首に手を回し、顔を近づけ口づけをしようとするが、
それも小夜の手によりやんわりと押し退けられる。

実はお兄様に会って欲しい方がいまして。

つきましては近々私どもの施設に来て頂ければと…


雷四郎のちょっかいなど無かったように用向きを話す小夜。

そうか…可愛い妹の頼みだ。

断るわけにもいかないな。

では週末伺うこととしようか?


まあ嬉しいですわ!

小夜はそう言うと雷四郎の首に腕を絡め頬に軽く口づけする。

ボリュームのある乳房が雷四郎の二の腕に押し付けられる。

周りの者は皆、その美しい兄妹にただただ魅いられていた。




ブログパーツ


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。