FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖寝取られ夫さん作品 -第十三章-

妻のこの言葉で私の淡く甘い期待は打ち砕かれてしまったのです。
私のことをセックス奴隷として使おうという気持ちには変わりがなかったのです。
私は正直に答えました。妻と彼氏様のセックスを見学している時は感じてしまっている。
お風呂の世話には抵抗は少なくなった。セックスの後始末もティッシュを使ったものなら、
何とかできると思う。しかし口に入れるのには抵抗があり、理性が働いて、することができない。
同性のオチンチンをフェラしたり、精液を舐めるということはできそうもないと答えたのでした。
妻はそんな私に向かって、方法は言いませんでしたが、
私を調教していずれは進んでやるようにすると宣言したのでした。
私はすぐに射精管理のことを思い出しました。妻にそれだけは許して欲しいと頼みました。
妻「そんなにオナニーできないのは辛いの?でも何でも言うこと聞くってわりには
  できないのね。私はお前が進んでやるようにしたいの」
 「私だけでなくて、彼にも奴隷として使えている姿が見て見たいの。
  お前にとって私達はご主人様なの。奴隷はご主人様の命令に従っていればいいの。
  分かっているの?」

妻の口からは驚くべき言葉が発せられているのでした。
妻のことは愛しているので、奴隷になることに抵抗はありませんでした。
しかし、同性である彼氏様に対しても奴隷としてお仕えしなくてはいけないとは、
これほど屈辱的なことはないでしょう。最愛の妻を奪われただけでなく、
今度は私の人間としての人格や尊厳といったものまで奪おうとしているのです。
確かに私は妻によって、マゾに目覚め、そして奴隷として調教されてきました。
しかしそれは、相手が妻、つまり異性である女性だったから、
受け入れられたことではないでしょうか。
同性である男性の奴隷になることは到底、受け入れられることではありません。
私の気持ちなど無視したように、妻の言葉は続いていったのでした。
妻「だいたい、私達のセックスだけ見るのって、おかしくない?
お前は奴隷なんでしょう?」
 「奴隷は気持ちよくなる権利なんてないの。ご主人様を気持ちよくする為に
  尽くすのが奴隷の役目なの。分かった?」
私は妻の迫力に押され、ただ「はい」と返事をするだけでした。
私の返事を聞いた妻は満足そうにしていました。
妻「私、このままだともっと酷いことするかもよ。お前を奴隷にして
  苛めることにはまっちゃったよ。それでもいいの?」
私「はい分かりました。女王様はもちろん、彼氏様にも奴隷としてお仕えします」
私がこう答えると、妻はソファーから立ち上がり、パンティーを降ろし始めたのでした。
脱いだパンティーを私の顔に目掛けて投げつけられたのでした。
そして妻は、私にセックス奴隷になることを約束したら、オナニーの許可をくれると言うのでした。
私は妻のパンティーを目の前にして、オナニーの誘惑にはとても勝てるものではありませんでした。
私はまだ暖かい妻のパンティーの匂いを楽しみながら、祖チンを自分で擦り始めました。
女王様である妻の目の前でオナニーすることに対して、恥ずかしいなどという感情はありませんでした。
私はオナニーをしながら、セックス奴隷になることを宣言させられました。
私は自分の口でセックス奴隷になることを言いながら射精してしまいました。
私はどんどん追い詰められ、セックス奴隷にさせられるという常識では考えられない
屈辱的なことを強要されているにも関わらず、マゾとしての性的快感を覚えている
自分自身に気がつき始めていたのでした。
私のこんな様子をみて、妻は満足そうに言いました。

妻「射精管理ってやっぱり効果的ね」
と言って、射精管理の効果を実感されてしまったのでした。
私は自分自身の行動でますます自分を追い込む結果となってしまったのです。
しかしこのことに対してですら、私はマゾとして苛められることや虐げられることに喜びを感じてしまっていたのでした。
オナニーをして射精に至ったにも関わらず、私の祖チンはまだ立っていたのでした。
妻はそんな私に対して、
妻「こんなくらいじゃ、お前は足りないのだよね?もっと苛めて欲しいのでしょ?」
私「はい、もっともっと苛めて感じさせて下さい」
とお願いしていたのでした。

足元に跪いている私の肩に、妻は足を掛けたのでした。パンティーは脱いでいましたので、
私は妻のオマンコを見ることができたのです。彼氏様とセックスをしてきたのだとも言いました。
今日はゴムを使ったのだとも言いました。私の目は妻のオマンコに釘付けになっていました。
私は妻に言われるがまま、オマンコに顔を近づけて行きました。
彼氏様とはゴムを使っていることもあり、セックスの後という生々しさはそれほど感じませんでした。
私は妻のオマンコに舌を這わせました。ひたすら、無我夢中で舐めたのでした。
少し前まで、他の男のオチンチンが入っていたオマンコです。
そして彼氏様もクンニされたに違いありません。
しかし私にとって、妻のオマンコというものは絶対的な存在だったのです。
そういったものの抵抗は感じましたが、オマンコを舐めたいという気持ちの方が、
遥かに勝っていたのでした。私は妻のオマンコを舐め、そしてオナニーをしようと妻に許可を求めました。
すると妻は
妻「私の彼の奴隷にもなれる?」
と聞くのです。
私は先ほど宣言していることや、何よりも妻のオマンコを舐めながらオナニーしたい誘惑には勝てず、
奴隷になると返事をしてしまったのです。そして妻からは信じがたいことが命令されたのでした。
これから私が休みの日には彼氏様の部屋の掃除もするように言われるのです。
彼氏様は一人暮らしなので、妻が家事をしてあげていました。
しかし掃除や洗濯を奴隷である私にさせることで、妻と彼氏様とのデートの時間が増えるということに加えて、
私を彼氏様の奴隷としての意識を付けさせる為にさせるというのです。
私は、妻の為に掃除や洗濯をするのは我慢できますが、同性であり、
私の妻を奪った憎い相手の奴隷にもならなくてはいけないというのです。
しかし私は目の前のエサには勝てるはずもありませんでした。私は泣く泣く承諾してしまったのです。



ブログパーツ


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。