FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTR Woman ~寝取られプレイ

お風呂に入るとシャワーで掛け湯をして、まずは主人が手に石鹸をつけ、
背後から私を抱き締めるようにして身体を洗ってくれます。

特に胸は念入りに…

円を描くように乳房を洗う主人の手により乳首が勃起してしまいます。

直子の乳首…コリコリになっているよ。

ん…

あなたこそ…


私は手を後ろに回し、お尻に当たるいきり立った主人のモノをしごきます。

たまには一緒に風呂に入るのも良いな。

主人はそう言いながら背後から私の首筋に舌を這わせます。

ん…そうね。

主人の愛撫に感じながらも私は美穂さんの弾けるような肌を思い出していました。

主人の愛撫で紅潮する弾けるような肌…

妻である私の目の前で繰り広げられる淫靡な光景。

私はそんなことを思いながら夫の愛撫で感じてしまっています。

ねぇ…

ん?

美穂さんの肌…綺麗だったわね。

ん?そうか?

ええ…あっ!白くて…ん…シミひとつなくて…

またいつものヤツか?

中野の奥さんと「したいか?」なんて聞くんじゃないだろうな?


あん…でも…したいでしょう?

あははは!

君はそういう妄想が好きだな。

じゃあ今日は乗ってやるか。


そう言うと主人は私を跪かせます。

これから美穂とセックスをするから綺麗にしろ。

跪いた私を見下し、勃起したモノを突き出されて洗うよう命じられました。

は…い…

私は取りつかれたように手に石鹸をつけ、主人の股間を丹念に洗います。

お前が勃たせるんだ。

シャワーで石鹸を落とすと仁王立ちになった主人がニヤニヤしながら追い討ちをかけます。

「お前」だなんて、いつもの主人とは人が変わったようです。

は、はい!

私は主人に命じられるまま、両手を添えて主人のモノを口に含みます。

実は私、こうやって仁王立ちになった主人の前に跪いて、おしゃぶりするのが大好きなんです。

夫に服従していると思うと堪らなく萌えるんです。

しかも今日は夫が他の女性を抱くための準備をさせられているシチュエーションです。

夫に私の性癖がバレてしまったのではないかと思うくらいツボでした。

準備は出来たか?

私の舌奉仕で夫のモノは20代かと思うくらいそそり立っています。

は、はい!準備出来ました。

美穂は今日生理だからお前の汚いマンコを使ってやる。

尻を突き出して挿れやすくしろっ!


は、はい!

私は主人に命令されるがまま、浴室の壁に手をついて主人に向かってお尻を突き出します。

目の前に鏡があるのでお尻を突き出した私の姿や私の後ろに立つ主人の表情が全て見えます。

主人はうっすら笑みを浮かべて私のお尻を撫で回しています。

そして…

うっ!

一切アソコには触らず、いきなり挿れて来たんです。

なんだ愛撫もしていないのにもうグチュグチュに濡れているぞ。

美穂の代わりに使われるのがそんなに嬉しいのか?


主人はそう言いながらピストン運動を徐々に早めて行きす。

ああん!意地悪!

そう言いながらも確かに私は主人の指摘通り、普段の何倍も興奮していまっています。

立ったまま背後から突かれるのも普段と違い充分刺激ですが、
他の女性の代替えとして挿れて貰っているという被虐感が私を萌えあがらせているのです。

ああ!ダメ!すごく感じる!

イクッ!


私は主人のモノを奥に感じながら身震いして絶頂に達してしまいました。

主人は私の絶頂に合わせて一旦はピストン運動をやめてくれましたが、
私が落ち着くとまた注挿を再開します。

ああ!あなた!ダメ!

そんなに激しくされたら何度も…何度もイッちゃう!


美穂の代わりに使ってやってるんだ。

性欲処理のメス犬が逝こうが逝くまいが関係ない。

しっかり尻を振って俺を気持ち良くさせろっ!


主人はそう言って私のお尻を平手で叩きます。

もちろん手加減してくれているので痛くはありませんが、
妻である私が夫に他の女性の代わりにメス犬扱いされて性欲処理として使われている…

あんあんあんあん!

恥じらいもなく大きな声が漏れてしまいます。

私の興奮は最高潮でした。

淫らにお尻を振りながら立ったまま何度も絶頂に達してしまいました。

何度目かの絶頂の後、私は堪らずその場にへたり込んでしまいました。

だ、大丈夫かい?

主人が心配そうに顔を覗き込みます。

う、うん…大丈夫…

主人はいつもの優しい表情に戻り、私を抱え、浴槽に一緒に浸かります。

狭い浴槽なので主人が先に座り、私は主人に背中を向けて主人の股の間に座ります。

背中から抱き抱えて貰うようなこのお風呂の入り方も私は大好きです。

ちょっと調子に乗り過ぎちゃったかな?

痛かったかい?


主人はそう言いながら私の手を握り首筋にキスをします。

全然平気よ。

あの…


ん?

それどころか…すごく…良かった。

すごく恥ずかしかったですが、先程の感想を主人に素直に伝えました。

そうか、それは良かった。

主人は気を良くしたのか背後からまた私の乳房をやわやわと揉み出します。

それとともに私の腰のあたりにまた硬い突起が…

ふふふ、また元気になってる。

のぼせちゃうから寝室でゆっくり可愛がって。


私は主人の手を取り、浴槽から出ました。

脱衣場でも新婚時のようにキスをしながらお互いの身体を拭きあい、
その後寝室で久しぶりに濃厚な一夜を過ごしました。



ブログパーツ



スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
94位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。