FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTR Woman ~夫がセックスしている横で縛られて

あらあら、直子さんはしたないわね。

愛する旦那さんの目の前で好きでもない男に舐められて
それでもイッちゃうなんて、やっぱり寝取られマゾは見境ないわ。


ここぞとばかりに私を責める美穂さん。

私は言葉を返す気力もなく、肩で息をし、絶頂の余韻に浸っていました。

さあ毛も剃り終わって寝取られマゾらしくなったところで場所を変えましょう。

そう言って美穂さんは主人の手を取り脱衣場に向かいます。

私と輝さんは慌てて二人の後を追いました。

部屋に戻ると四組の布団が敷かれていました。

私と美穂さんが温泉に行った後、輝さんが自分たちの部屋から布団を二組持ってきて敷いたそうです。

じゃああなたはここね。

そう言うと美穂さんは障子で仕切られた窓際に置かれた椅子を指差します。

どうしたら良いかわからず佇んでいると輝さんがそっと近寄り私の浴衣の帯を解き裸にさせます。

そして私の肩を軽く押し、窓際の椅子に座らせると浴衣の帯で私の両足を椅子のひじ掛けに縛りつけました。

M字開脚の格好になったのでアソコが皆に丸見えです。

いや~!

私は股を閉じようとしましたがひじ掛けがストッパーとなりぴくりとも動きません。

ほらっ!こうしたかったんでしょ?

そう言うと美穂さんは私の手にバイブを握らせます。

先程のバイブと違い、本当のオチンチンのようにエラがついています。

そして根本にはクリトリスを刺激するローターがついています。

ふふふ、今度こそいつも私が使っているヤツを貸してあげるわ。

こっちのレバーがバイブの強弱、こっちのレバーがローターの強弱よ。


そう行って私にバイブを手渡すと美穂さんは布団のところにいる主人に寄り添います。

そして主人と口づけを交わし、そのまま崩れるように二人は横になります。

口づけを交わしながら、もつれ合うようにお互いの身体を愛撫し合う主人と美穂さん。

私はその光景を見ながら無意識のうちにバイブを膣に埋めていました。

スイッチをオンにすると最弱にしているのに予想外にローターがクリトリスを刺激します。

それと同時に茎の部分はウネウネとうねり、膣壁を圧迫するのです。

あああ!

その刺激に思わず声が漏れてしまいました。

やだ奥さんったら、まだあなたが私に挿れてもいないのに、あんなに破廉恥な声出してる。

ふふふ、そうだな。

よほど俺が他の女とセックスするのを見せつけられるのが興奮するらしい。


直子さん、オナるのは良いけど私たちのセックスが終わるまでイクのは禁止よ。

さっきも言ったけど寝取られマゾの分際で私たちより先にイクなんておかしいでしょう?

もしイッたら二度と私たちのセックス見せてあげないからね。


は、はい!

ほらっ!復唱は?

は、はい!

私は…主人と美穂さんのセックスが終わるまで…

絶対イキません。

イキそうになったら…

ああ!

バイブを抜いて…我慢します。


そうそうイキそうになったら大声で私たちに報告するのよ。

勝手にイッたらすぐわかるんだからね。


は、はい!

ああ!ダメ!イキそう!

…が、我慢します。


私はイキそうになるのを寸でのところでバイブを抜き堪えました。

あはははは!

ルールを説明されている間にもイキそうになってて。

本当に卑しい人ね。


美穂さんはそう言うと見せつけるように主人のモノを口に含み、ジュボジュボと音を立てながら舐めあげます。

その舌遣いを見ながらまた私は自分で慰めてしまい…

ああ!イキそう!

が、我慢します!


自分でも呆れるくらい大声でそう叫んだ後、ハァハァと息遣いも荒く目を閉じ気を鎮めます。

主人と美穂さんはそんな私の様子をニヤニヤしながら眺め、
自分たちは思う存分セックスを楽しんでいるのです。

二人の前で痴呆者のようによだれを流し、恍惚の表情を浮かべている私。

惨めな気持ちで一杯になると同時に、
そんな状況でも一分も経たないうちにイキそうになっている被虐感に酔っていました。

何度寸止めオナニーを繰り返したでしょう。

バックで何度も美穂さんをイカせた主人は正常位になり美穂さんを貫きます。

私から見ると結合部が正面に見えて、主人のモノが美穂さんの花弁に出し入れする様が良く見えました。

美穂さんは主人の身体に手も足も絡ませて、ピッタリ密着して喘いでいます。

私も主人と肌を合わせたい。

そう思いながらもバイブで自分を慰めました。

ああん!隆之さん気持ち良い!

また…イクっ!


美穂さんはそう言うと主人の身体の下でガクガクと痙攣します。

そんな美穂さんをしっかり抱きしめ腰を振る主人。

その様子を見ながら私もまたイキそうになり、慌ててバイブを引き抜きました。

美穂!俺もイクぞ!

はぁん!イッて!

美穂の子宮に隆之さんのザーメンたっぷり掛けて!

美穂、愛する隆之さんの赤ちゃんを産みたいの!

一杯一杯ザーメン頂戴!


よしっ!美穂!俺の子を産め!

そう言うと主人は美穂さんの股間に自分の腰を押し付け動きを止めました。

美穂さんの膣内には主人の精がたっぷり注ぎこまれているのでしょう。

ハァハァという主人と美穂さんの荒い息遣いだけが部屋に響きます。

その様子を私は呆けて見ていました。



ブログパーツ



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2624位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。