FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTR man ~プロローグ

はぁはぁ…

美穂様…

射精のお許しを…

…ああ!ダメ!

もう我慢出来ません!

イクッ!


僕の名前は中野輝義、23歳。

童顔のせいか周りからは「輝」と気さくに呼ばれ友達も沢山いるのですが…

実は女性と交際したことはないんです。

原因はわかっています。

僕は世間で言われる草食系で、女性を誘ったり出来ないんです。

でも女性に興味がないわけではないのです。

いえ、むしろ毎日オナニーを欠かさないほど性欲は強いです。

が、自信がないというか…

自信がない理由もわかっています。

背は若干低いですが容姿や学歴にコンプレックスがあるわけではありません。

実は僕…

オチンチンが人より小さいと思っています。

勃起しても10センチ程度、剥けば剥けますが勃起しても自然には皮も剥けない仮性包茎ですし…

それにもうひとつ秘密があって…

僕、Mなんです。

小さい頃からオナニーする時は女性に苛められることを想像してしていました。

服を着たままの同級生の女の子に全裸にさせられて、
包茎短小のオチンチンをバカにされながら強制的にオナニーさせられる。

もしくは全裸にさせられて、服を着たままの女の子たちに顔面騎乗されて、
乳首をこねられながらオナニーさせられる。

ああ、想像しただけで今でも勃起してしまいます。

そして今のオカズは…

職場の先輩、西村美穂さんです。

歳は僕より2つ上の25で、しっかりしていて大人びていて、すごく魅力的な女性です。

社員旅行の時撮った美穂さんの写真が今の僕のオカズになっています。

脚を組もうと上げた瞬間、偶然撮れた一枚。

少しだけですがピンクのパンティも写っています。

NTRman_01_01.jpg

ああ、そのヒールで踏みつけて欲しい…

中野君!中野君!

あっ!はいっ!

何ぼ~っとしているの?

す、すみません!西村先輩!

全く!一生懸命仕事に取り組んではくれているけど、時々ぼ~っとしちゃうのがタマにキズね。

この間頼んだ調査資料、進み具合はどう?


職場で僕はまた美穂さんに見とれて、よこしまな想像をしてしまっていました。

は、はい!

ここまでは進んでいます。


ふむ、しっかり調べてあるし見せ方も良いわね。

締め切りは週明けだけど頑張って今日中に仕上げてしまいましょう。

私も付き合うわ。

その方がゆっくり休みも取れるしね。


は、はい!

憧れの美穂さんが手伝ってくれる!

僕は天にも昇る気持ちでした。

…よしっ!これで良いかな?

お疲れ様。


結局美穂さんのOKが出たのは22時過ぎでした。

お、お疲れ様です…

昼からぶっ通しで作業させられた僕はぐったりでした。

ふふふ、やだ!何か私が無理矢理やらせた見たいじゃない!

じゃあご褒美にお姉さんご馳走してあげるわ。


、本当ですか?

美穂さんから食事に誘われるなんて夢のようです。

やだ!そんなに喜んで!

そんなに高い物奢れないわよ。


あっ!すみません!

そう意味で喜んでいたのではなく、憧れの西村先輩と食事出来るのが嬉しかったんです!

な、なんでしたら牛丼屋でも…


あははは!

牛丼屋は私の気が乗らないわ。

では戸締まりして帰りましょう。


美穂さんはそう言うと颯爽と上着を羽織り、帰り支度を始めます。

僕もあたふたと戸締まりをして、美穂さんの後に続きました。

…中野君って本当に可愛いわよねぇ。

美穂さんに連れて行って貰ったのは、会社から少し離れた隠れ家風のこじんまりしたイタリアンでした。

カウンターに座ったので美穂さんとの距離が近くてドキドキしてしまいます。

あ、ありがとうございます。

緊張のあまり食事もお酒もあまり進まない僕に対して、美穂さんは赤ワインをどんどん飲み干していきます。

ふふふ、中野君てさぁ?

彼女とかいるの?


少しロレツが回らない口調で、僕の肩に手をかけ顔を近づけてそう尋ねる美穂さん。

胸が僕の二の腕に当たっています。

い、いませんよ!

僕のドキドキは最高潮です。

ふ~ん、いないんだぁ。

美穂さんは僕から離れ、グラスを見つめて俯き加減でそう言います。

に、西村先輩はどうなんですか?

僕は意を決して聞いてみました。

私?私はいるわよ。

とっても素敵な彼なの。


…そ、そうですか、そうですよね。

当然です。

こんなに綺麗で優秀な美穂さんに彼氏がいないわけありません。

そう思いつつも僕は内心、谷底に突き落とされたような気分になりました。

でもね、土日は逢えないの。

だがら土日は結構ヒマなのよ。


えっ?そうなんですか?

僕、いつでもヒマなので、美穂さんの都合が良い時は一緒に遊びに行きませんか?


サービス業界の人なのでしょうか?

僕はこの時、それくらいしか思っていませんでした。

それだけ必死に美穂さんにアプローチしていました。

僕みたいな変態と付き合ってくれる女性などいるわけはないので、美穂さんに彼氏がいるかどうかなど些細なことです。

それより二人で遊びに行けば大っぴらに美穂さんの写真が撮れる。

僕はそのことで頭が一杯でした。

…ふふふ、じゃあそうしようかしら?

彼に相談しておくわね。


その言葉だけで、僕は天にも昇る気持ちになりました。




ブログパーツ



スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1917位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。