FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖寝取られ夫さん作品 -第二十五章-

正常位でのセックスが始まりました。私は、ベッドの下で跪いて見学しているのでした。
なんと今回は、安全日というとこで、コンドームなしの生でのセックスだったのです。
これまでに見た、コンドームを着けてのセックスとは全く違いました。生でのセックスは何と言うか迫力がありました。
と同時にお二人の愛の深さを知ることになったのでした。正常位で妻がイク寸前に彼氏様はピストンを止めました。
体位を座位に変えました。足を伸ばして座っている彼氏様の上に妻が座りました。
私は彼氏様に言われる通り、ベッドの上に上がり、お二人に近づいていきました。
お二人の結合部がはっきりと見えました。妻は彼氏様の上で腰を振っていました。

彼「さあ、オレ達の結合部を舐めてみろ」
彼氏様に命じられ、私は顔を近づけました。妻が腰を振るのをやめました。
妻のオマンコには、彼氏様の太いオチンチンが深くささっているのでした。
妻のオマンコはよく濡れており、何か生々しい感じがしました。私は妻のクリトリスを舐めました。
すると妻は激しく感じたようでした。私は妻を感じさせることに喜びを感じていました。
クリトリスから、段々下に向かって、舌を這わして行きました。
オチンチンとオマンコの結合部を舐めると、お二人とも感じたようでした。
私の舌からは、彼氏様のオチンチンの熱さや硬さが伝わってくるのでした。
オチンチンをフェラすることが、一番屈辱的な行為だと思っていたのですが、
結合部を舐めさせられることの方が遥かに勝っていました。
お二人は、私が見てきたセックスの中で、一番感じているようでした。
私は、お二人がより感じるように、手伝わされているのです。
そう考えると、益々、情けない気持ちになってきました。
改めて、身分の違いを実感させられていたのでした。
私には、この行為を止めることは許されないのです。
私はひたすら、お二人の結合部を舐め続けました。
私のオチンチンは小さくなるどころか、この行為に感じてしまっていました。私は射精がしたくてたまらなく、
今にも気が狂いそうでした。しばらくすると、妻が2度目の絶頂を迎えました。私は舌を通じて、
妻のけいれんを感じ取ることができました。彼氏様のオチンチンは依然として、変化がありませんでした。
彼氏様の持続力には驚かされました。私などとは、比べようもありません。
妻が、セックスに目覚め、彼氏様に夢中になるのがわかる気がしていました。
妻は彼氏様の上から降りると、ベッドの上で小刻みに身体が震えていました。
先ほどの余韻を楽しんでいるかのようでした。私は彼氏様に言われ、ベッドの下に降りました。
彼氏様もベッドから降りて、私の前に立ちました。
彼「愛液を味わいたいんだろ。舐めてみろ」
彼氏様のオチンチンは妻の愛液まみれになっていました。私は命じられるがまま、
彼氏様のオチンチンに舌を這わせていきました。先ほど、結合部を舐めたこともあり、
抵抗は少しずつなくなっているようでした。オチンチンを舐めさせられることよりも、
妻の愛液を舐められることの方に喜びを感じていました。全身汗だくになって、
私は必死に彼氏様のオチンチンをフェラしました。彼氏様は、私が従順に命令に従うようになったことに
満足されていました。

彼「今度はオレの彼女のオマンコを舐めて見るか?おまえの舌でいかせてやってみろ」
私はもう一度、ベッドに戻り、妻の股に顔を埋めました。
先ほどまで、彼氏様のオチンチンが入っていたことは全く気になりませんでした。
妻のオマンコを舐められることが嬉しくてたまりませんでした。妻は先ほど、絶頂を迎えたこともあり、
とても感じやすくなっていました。今までの私のクンニでの反応とは、全く異なっていました。
私の舌で、妻はいっぱい感じてくれたのでした。しばらくすると、妻は私のクンニでイッてくれたのでした。
今までの夫婦生活だけでなく、今の私達の生活では、このような妻の反応はありませんでした。
男として、明らかに劣っていることを実感させられてしまいました。この最愛の妻と一緒にいる方法は、
このように奴隷になることしかないのだと思いました。夫として人間としてのプライドを捨て去り、
奴隷として生きていくより仕方がないのです。

彼氏様から、私にベッドに寝るように言われました。私は言われるがまま、ベッドに仰向けに寝ると、
私の上に妻が四つんばいになりました。彼氏様から、私の顔の上に妻のオマンコが来るように言われ、
下に下がりました。私は、これから何が始まるのかわかりませんでした。
私の顔のすぐ上には、妻のオマンコがありました。すると、彼氏様も私の身体に跨りました。
そして、私の顔の上で、バックでセックスが始まったのです。私の目の前には、お二人の結合部が見えました。
私の顔の上で、彼氏様は激しく腰を振っています。妻は、今回のセックスで一番感じていました。
私の顔には、妻の愛液が数滴落ちてきました。私のオチンチンは勃起したままでした。
彼氏様の動きは一段と激しくなったかと思うと、ついにその時を迎えました。妻のオマンコに中出しされたのです。
彼氏様のオチンチンからは大量の精液が、妻のオマンコに注ぎ込まれたようでした。
もちろん、妻も一緒にイッていました。彼氏様は、射精が終わると、妻のオマンコからオチンチンを抜いて、
ベッドから降りられました。私の顔には、彼氏様が抜くと同時に、彼氏様の精液が降り注がれたのでした。
四つんばいのままの妻に彼氏様が言いました。
彼「そのまま、こいつの顔の上に座って、オレ達のミックスジュースを飲ませてやりなよ」
そして、私に向かって、口を開けるように言いました。

妻は彼氏様に言われるがまま、私の顔の上に跨ったのでした。
いつも私にオシッコをする時のように、私の口の上にオマンコをもってきました。
私の口には、彼氏様の精液と妻の愛液が交わりあったミックスジュースが入ってきました。
何とも言い難い、生臭いものでした。しかし、吐き出すことはもちろん、許されませんでした。
口の中のものを飲み込むと、妻は私の口の上に座りました。私は舌を伸ばして、妻のオマンコを舐めました。
オマンコの中に舌を入れると、また、ミックスジュースが溢れてきたのです。
私は吐き気と戦いながら、必死になって、飲み込みました。

妻のオマンコを舐め終わると、今度は彼氏様の番でした。
ソファーに座って、私達の様子をみていた彼氏様の足元に跪きました。
精液まみれの彼氏様のオチンチンを手にとって、精液を舐めとりました。
私はとにかく、彼氏様の命令に従うことで、射精をさせて貰いたかったのでした。
どんな屈辱的なことも受け入れていたのでした。お二人の性器を舐めてきれいにして、
セックス奴隷としての役目は終わったと告げられました。
私のオチンチンは、勃起状態のままでした。
生まれて初めて経験するこのような屈辱的な行為をしている間もでした。
私は正真正銘のマゾになってしまったのでしょう。私の状態を見て、お二人も驚いていました。
そして、こうなってしまったのは、お二人の調教の結果なのでした。
そしてお二人は、私の状態に対して、とても満足されているようでした。

私は、お二人のご命令に忠実に従い、屈辱的な行為も受け入れたのでした。
それは、全て射精のためだったのです。私はオチンチンを拘束されてしまい、オナニーさえも
自由にできない状態だったのです。一刻でも早く、この拘束を解いて貰う為に、命令に従ったのでした。
私は、お二人からのお許しを待っていました。射精がしたくて溜まらなかったのでした。
セックス奴隷としてのご奉仕が終わった後、やっと、私のオチンチンの拘束具が外されたのでした。
私の祖チンはビンビンの状態のままでした。お二人はソファーに座り、身を寄せ合うようにしていました。
私はお二人の前で、土下座をして射精をさせて頂くようお願いしました。
顔を上げると、彼氏様が私に向かって、妻のパンティーを投げました。
私は妻のパンティーを貰い、お二人の前でオナニーを始めてしまいました。
恥ずかしいという気持ちより、早く射精をしたくてたまらなかったのでした。
妻のパンティーの匂いを楽しむ間もなく、すぐに射精してしまいました。
久しぶりの射精の快感に浸ることができました。一度の射精では、これまで我慢した欲求は満たされませんでした。
私のオチンチンは、まだ勃起していました。もう一度、擦り始めようとすると、彼氏様から止められてしまいました。

彼「1回やれば十分だろ。お前は奴隷なんだから」
サルのようにオナニーする私の姿を見て、お二人はとても面白そうに笑っていました。
そして、射精を制限されることが、男にとって死ぬほどつらく、調教にはとても効果的なことを
自分自身の身で証明してしまう結果になってしまったのです。
あれほど、抵抗していたセックス奴隷にすら、なってしまうほど、射精が出来ないということは辛いものだったのです。
同性である彼氏様の精液を舐めることの方がまだ、受け入れられるものだったのです。
目の前にある射精というエサに飛びついてしまった私に待っていたのは、セックス奴隷という生活だったのでした。

この日を境に、私はお二人のセックス奴隷になり下がってしまいました。
ホテルや彼氏様の部屋でセックスする時に呼ばれることが増えていきました。
人間の慣れというものは恐ろしいもので、何度もするうちにこの行為に対する抵抗感が次第に減ってきたのでした。
彼氏様の精液を飲み込む時の吐き気も始めの頃と比べると、少なくなってきたのです。
もちろん、私の考え方も変わっていたのでした。
このような行為から逃れることができないのですから、自分の中で少しでも抵抗がないように考えていたのです。
彼氏様の精液も、妻の愛液と一緒になっているわけですから、妻の愛液も一緒に味わえるのだと
自分に言い聞かせるようにしていたのです。
セックス後のお二人のミックスジュースを飲まされる時も、妻の愛液を飲んでいると自分に言い聞かせながら、
飲み込んでいました。



ブログパーツ


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。