FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑のパンティ -3人の同居生活-

でねマユったら…

帰って来た宗太郎に由紀恵は勝幸にした話と同じ話をする。

違っているのは今度は由紀恵も一緒に食事をしていることと、由紀恵は宗太郎の隣に座っていることだ。
その距離感の違いが勝幸と宗太郎に対する由紀恵の想いの距離感を表していた。

うふふ、そうなのよ!

勝幸と話していた時には見せなかった甘えたような口調、
お酒が入っていることもあるのだろう、宗太郎の肩に触れたり頭を肩にもたれかけたり…

段々と二人の身体が密着する。

食事を終えると勝幸の座っているリビングに移動して来る。
勝幸はそれに応呼してソファーを立つと、食卓の食器を片付け始める。

そして自分が食べた食器と一緒に二人が食べた食器を洗い始める。

これも由紀恵との暮らしを続ける際決めたことだ。

由紀恵はなるべく宗太郎と一緒にいたいので、彼と一緒にいる間は、勝幸が出来ることは勝幸がやる。
食器を洗い終わる頃、由紀恵と宗太郎はリビングから移動し風呂に向う。

これも二人の日課だ。

由紀恵と宗太郎は毎日一緒に風呂に入る。

その間脱衣所のドアはピッタリと閉められ、中を覗き見ることは出来ない。

だが宗太郎と由紀恵は風呂の中で楽しそうに話をしている声、特に声の高い由紀恵の笑い声と、
時々聞こえて来るあえぎ声、それからジュボジュボと粘膜の擦れ会う音は丸聞えであり、
勝幸を悶々とさせるのに十分な情報であった。

勝幸は毎晩それを聞きながら股間を硬くする。

風呂から出ると由紀恵はドライヤーで髪の毛を乾かす。

その間宗太郎はリビングでテレビを見ながら待っていることが多いのだが、
たまに勝幸に話しかけて来ることがある。

最近由紀恵はまた綺麗になったでしょう?

えっ?ええ、そうですね。

僕が毎晩愛情を注いでいますからね。

うるさくて眠れないこともあるんじゃないですか?


宗太郎はそう言いながら勝幸の顔を覗きこむ。

夫婦の寝室…元は勝幸と由紀恵が寝ていた部屋に、今は宗太郎と由紀恵が寝ている。

勝幸の寝室はその隣だ。

ええ、まあ…たまに聞こえて来ますけど…

たまにどころではない、二人の寝室と勝幸の寝室は薄い壁を挟んで隣同士だ。

会話は全て筒抜け、由紀恵を虜にした言葉責めも全て聞こえて来る。

営みは夜だけでなく、宗太郎と由紀惠はかなりの確率で朝もセックスに耽っていた。

思い出しただけで勝幸の股間は硬くなる。

宗太郎に悟られないよう勝幸は目を伏せた。

おや?どうしました?

そんな反応に気付いたのか宗太郎は目を細めて勝幸の表情を凝視する。

お待たせ~。

その時由紀恵が髪を乾かし終わりリビングに戻って来た。

あら?何を話していたの?

いや男同士の話さ。

そうなの?でも二人が仲良くしてくれるとなんか嬉しいな♪

勝幸の心根も知らないで由紀恵は屈託なく笑う。

じゃあ私達は寝るわね。

おやすみ。


おやすみ。




ブログパーツ


スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
2251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
94位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。