FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏様の命令でペニスを切り落とした僕 ~告白オナニー

ただいま~!

太一様と陶子さん、シロ君を見送り、そのままデートに出掛けた雅也様と佳菜美様が帰宅します。

あたりはすっかり暗くなっていました。

夕食の用意は出来ていたのでお二人がダイニングテーブルに着くと同時に出来たての料理を並べます。

お二人はいつものように横に並んで座り、仲良くお食事されます。

はい!あ~ん!

佳菜美様は甲斐甲斐しく雅也様の口元まで料理を運び、食べて頂きます。

僕とは叶わなかった甘い新婚生活を今楽しんでいるようです。

僕は気配を殺してお二人の斜め後方に立ち、足りないものや食べ終わった食器の片付けに勤しみました。

デザートを出す頃になるとお二人もすっかり酔いが回り、食欲より性欲が優先されるようになります。

雅也様は佳菜美様の腰に手を回し、時折服の上から乳房を揉まれます。

その度に佳菜美様は上気した顔で雅也様と口づけを交わし、服の上から陰茎を手でさすります。

ふふ、したくなっちゃった。

デザートを食べ終わるとすぐ、コーヒーも飲まずに佳菜美様はそう言って椅子に座ったまま、
雅也様のズボンのジッパーを降ろし、ぺニスを引っ張り出すと、やわやわとペニスをしごきます。

自宅で妻が夫に遠慮もなく他の男のぺニスを貪欲に欲している。

何回見せつけられても興奮します。

ペロ、美味かったぞ。

佳菜美様のご奉仕を涼しい顔で受け入れ、奴隷に気遣いが出来る雅也様の器の大きさには毎回感服します。

お褒め頂きありがとうございます。

僕は食後のコーヒーをお出ししながら、深々と頭を下げてそう言いました。

コーヒーをお飲みになるとお二人はいつものようにリビングのソファーでテレビを見ながら寛がれます。

背もたれに両手を掛け、大股を開いてソファーの真ん中に陣取る雅也様。

この家の主の風格です。

そしてその横に佳菜美様。

お二人でテレビやビデオをご覧になるのですが、佳菜美様は雅也様に構って欲しくて
頭を雅也様の肩に乗せたり、腕を組んだりしてベタベタと甘えます。

僕との付き合いの中では見たことがない光景でした。

よほど雅也様を愛してらっしゃるのでしょう。

そんな佳菜美の頭を優しく撫でながらかわす雅也様。

僕は台所で立ったまま、残り物で手早く夕飯を済まし、後片付けをする間、
そんなお二人の様子を眺めて密かに嫉妬心を昂らせてぺニスを勃起させていました。

洗い物が終わるとお二人の視界に入らないリビングの隅でお茶を飲みながらお二人の見ているテレビを一緒に見ます。

さて、では風呂に入るか。

雅也様は佳菜美様を抱き寄せながらそう言いました。

仲良く連れだって脱衣場に向かうお二人。

お~い!ペロ!

すぐさまお声がかかります。

はい!

僕は返事をしてアイマスクを口に咥えて四つん這いで脱衣場に向かいました。

アイマスクは外したままで良いわよ。

脱衣場のドアは開け放たれており、ズボンのジッパーからぺニスだけを出した雅也様が立っていました。

雅也様の前で着衣のまま跪く佳菜美様。

洗ってない雅也様のオチンチン舐めたかったんだけど「その口でキスされるのは嫌だ」って言われちゃったのよ。

しょうがないからお前に譲ることにしたわ。

雅也様のオチンチン大好きだものね。

おしゃぶりしながらオナニーして良いのよ。


ニヤニヤしながらそうおっしゃる佳菜美様。

雅也様も含み笑いをしています。

…はい、ありがとうございます。

僕はそう言うと雅也様の前に跪き、佳菜美様の手に握られている雅也様のぺニスを口に含みます。

強烈な男性の排泄臭がしましたが、先ほどの事が思い出されて却って興奮しました。

一気に根元まで咥えるとジュボジュボと音を立てながら舐めあげます。

佳菜美様は立ち上がり、雅也様に抱きつき口づけを交わしています。

これから妻を抱く男性の前に跪き、セックスの準備としてぺニスにご奉仕させられている…

そのシチュエーションに僕は昂ってしまいました。

さっき出したばかりだというのに、僕のぺニスは痛いくらい勃起しています。

雅也様のぺニスを首を前後させ舐めながら、僕はやわやわと自分のぺニスをしごきだします。

あらあら気分出しちゃって。

さっきオナニーしたばかりでしょう?

ゴミ箱漁ってどんな風にオナニーしたか言ってごらん。


雅也様の二の腕に乳房を押し付けながら、僕を見下してそう仰る佳菜美様。

はい…

卑しい寝取られマゾは…

皆様の残された芳しい匂いを嗅ぎながら…

最後は雅也様がシロ君を貫いたコンドームを口に含んで、雅也様の精液とシロ君の排泄臭を嗅ぎながらイキました…


僕は雅也様のぺニスに奉仕する合間にそう答えました。

僕のぺニスをしごくスピードも徐々に速めていきます。

あはははは!そうなんだ?

本当に男が大好きなホモマゾになっちゃっわね。

でも雅也様は女の柔らかい身体が好きなのよ。

ねぇ?雅也様?


佳菜美様はそう言うとしなを作り、雅也様に殊更身体を密着させます。

僕に対しての嫉妬がありありと伺えます。

当たり前だろう。

雅也様はその嫉妬を楽しむように佳菜美様を抱き寄せ、
口づけを交わしながら佳菜美様のスカートをたくしあげてお尻を撫でています。

愛する佳菜美様が他の男性に心奪われ愛し合う姿を見せつけられるのは、何度されても興奮します。

僕も嫉妬に昂りながら、雅也様のベニスを一心不乱に舐めあげ、
片手で自分の乳首をいじり、もう片手で自分のぺニスをしごきます。

男のクセに、オチンチンがそんなに好きなの?

軽蔑の眼差しで佳菜美様が尋ねます。

いえ…男性のオチンチンが好きというわけではなく…愛しい佳菜美様に
こんな変態が相手にされる筈がないことを充分承知しているので…

せめて愛しい佳菜美を悦ばせてくださる…男性にご奉仕出来ればと…

寝取られマゾの僕は、佳菜美様が心奪われている男性に奉仕することが堪らなく興奮するのです。


ふ~ん、そうなんだ?

でも私はお前なんか全然愛していないわ。

女として見られるだけでキモいと思うもの。


はい…ですから佳菜美様のお望み通り、男性に奉仕しながらでしか射精出来ないホモマゾに調教して頂ければと…

ああ!イッちゃいます!

イクッ!


僕はそう叫ぶとドクドクと精を放ってしまいました。

無言でそれを見つめるお二人。

僕はお二人の視線を避けるようにそそくさと自分の放った精をティッシュで拭き、その場で土下座して次の指示を待ちました。

…良いわ。

望み通り男でしか興奮しないホモマゾに調教してあげる。

でもオチンチンは女のもの。

お前は男性のアナルを舐めながらでしか射精出来ない変態ホモマゾに調教することにします。

わかったらとっとと出ていきなさい。

ここからは普通のカップルの世界よ。


…はい。

僕は佳菜美様にそう言われ、頭を床に擦り付けながら後退りして脱衣場から出ました。

途端にビシャリと閉められる脱衣場のドア。

本来なら佳菜美様に嫌われたことを猛省しなくてはならないのでしょう。

でも寝取られマゾの僕は、不謹慎にも佳菜美様にまた一層軽蔑されたことに、興奮してしまっていました。



ブログパーツ



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ ホモマゾ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
62位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。