FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏様の命令でペニスを切り落とした僕 ~ホモマゾ調教 前篇

それからと言うもの、佳菜美様は僕の前で女を見せることを極端に嫌うようになりました。

恒例となっていたお二人が入浴中に脱衣場で佳菜美様のパンティの匂いを嗅ぎながらの寸止めオナニーも禁止されました。

僕はそれでもお二人が入浴した後、自分が風呂に入る時に佳菜美様のパンティの匂いを嗅いでオナニーに耽っていましたが、
佳菜美様はそれもお嫌らしく、僕がお風呂に入るために脱衣場に行くと、佳菜美様のパンティは既に洗濯水に浸けてある
状態になっているようになりました。

僕は仕方なく佳菜美様の身に付けていた衣服の匂いを嗅いで、寸止めオナニーに耽るようになりました。

佳菜美様よりむしろ雅也様が僕を気にかけてくださり、週に一度、
雅也様のアナルを舐めながらオナニーすることを許されるようになりました。

おいっ!ペロ!

アイマスクを外してこっちに来い!


寝室の隅でアイマスクをして正座している僕を、雅也様が呼びつけます。

はい!

週に一度のご褒美タイムです。

僕は嬉々としながらアイマスクを外し、四つん這いでベッドに近づきます。

ベッドの上では雅也様が屈折位で佳菜美様を貫いていました。

あんあんあん!

雅也様に貫かれる度揺れる佳菜美様の乳房。

結合部からはグチュグチュと淫らな音が響き、雅也様の逞しいぺニスが出入りする度に
生き物のように陰唇がぺニスに絡みつき、伸縮していました。

ゴクリ…

僕はその様子を生唾を飲んで盗み見ながら雅也様のアナルに舌を伸ばします。

舌を動かさなくても雅也様がピストン運動をしているお陰でアナル舐めが成立します。

妻を犯している男性のアナルを舐めながらオナニーを強要させられている。

そう考えると僕の昂りはマックスです。

雅也様のぺニスが出し入れされる度にチラチラと覗ける佳菜美様の上気した顔を
盗み見ながら自分で乳首をいじり、ぺニスをしごいていました。

よしっ!佳菜美!

イクぞっ!


雅也様が佳菜美様にフィニッシュの合図を送ります。

はいっ!イッてください!

佳菜美の子宮に雅也様のザーメン一杯頂戴!

私もイクッ!


佳菜美様がそう叫ぶと同時に雅也様も佳菜美様に腰を押し付け射精なさいました。

良く女性は男性がイク時はわかると言いますが、雅也様のアナルに舌を這わせていた僕にもはっきりわかりました。

射精の瞬間、雅也様のタマがキュッと縮みあがり、精液がドクドクと佳菜美様の子宮に流し込まれて行きます。

僕もそれを感じながら精を放ってしまいました。

ふふ、今日も最高でした。

甘えた声でそう言いながら雅也様の首に手を回し、口づけをねだる佳菜美様。

雅也様もそれに応えて身体を密着させて口づけを交わします。

僕はその間にお二人の元を離れ、自分の手に放った精液をティッシュで手早く拭き、お二人の指示を待ちます。

ねぇ、雅也様。

佳菜美様は甘えた声のまま、ねだるようにそうつぶやきます。

ん?

ひとつお願いがあるのですが…

ペロにアナルを舐めさせるのは、セックスしている時以外にして頂けませんか?


ん?何故だ?

雅也様のお優しいところは佳菜美も大好きですが、ペロは雅也様の好意にかこつけて、
私たちのセックス…いえ、私の身体を盗み見てオナニーに耽ってましたの。

ねえ、ペロそうでしょう?

正直におっしゃい。


気づかれていた…

佳菜美様に見透かされて本心を隠すことなど出来ません。

…はい。

佳菜美様の仰る通りです。

申し訳ありませんでした。


僕は土下座し、床に頭を擦り付けて謝罪しました。

そうか。

まあでも良いのではないか?

ペロはお前の夫だろう、

お前を愛しているならお前の裸で勃起するのは当たり前だと思うが。


雅也様がそう仰っても私が嫌なのです。

雅也様の所有物であるの身体をいやらしい目で見ていることが汚らわしく思えて。

雅也様から他の男性に抱かれろと命令されれば喜んで抱かれますが、ペロだけは嫌です。


あははは!ペロも随分嫌われたようだな。

ある意味特別扱いか。

まあでも出過ぎた望みだな。

お前たちをどうしようと俺の勝手だ。

嫌ならいつでも別れてやるぞ。


雅也様は静かに、しかし有無を言わさぬ口調でそう仰いました。

も、申し訳ありません!

雅也様の口調に「はっ」とされた佳菜美様は、床に土下座して即座に出過ぎたこと詫びました。


ふむ、確かに最近俺はお前たちに優しくし過ぎていたようだ。

これから俺のすることに意見することはまかりならん。

俺のしたいようにする。

お前たちが言って良いのは「はい」だけだ。

わかったか?


…はい。

佳菜美様はさっそく返事をするとベッドの縁に座っているご主人様の元に四つん這いで近づき、足の甲に口づけをしました。

もう片方の足の甲に僕も習って口づけをしました。

クククッ!よしっ!では佳菜美もペロも立ってみろ。

雅也様はそう命じます。

僕と佳菜美様はお互い雅也様の方を向いて直立不動で立ちます。

俺の方を向いて立ってどうする?

向い合わせで立ってみろ。


えっ?

えっ?

僕と佳菜美様は同時につぶやきました。

雅也様はニヤニヤと笑っています。

雅也様の命令は絶対です。

僕は佳菜美様の方に向き直りました。



ブログパーツ




スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 寝取られ
ジャンル : アダルト

tag : 寝取られマゾ 寝取られ ホモマゾ

プロフィール

☆makino☆

Author:☆makino☆

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
1930位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
77位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。